Medal Round

私の所属するゴルフクラブ、ゴールデングリーンズ(GGG)の受付にRenuさんという女性がいて、予約やコンペのアレンジ等でお世話になっております。                     ある日彼女が ”来週の土曜日GGG主催でMedal Roundというコンペを開催するので参加しない?” というので、ゴルフができるならどこでも、誰とでも、という感じで ”いいですよ” と気軽に参加することに。参加費1,850ルピーで食事と飲み放題付きということですから極めてリーズナブルです。しかも途中の”茶店=売店” でソフトドリンクやサンドイッチ(朝食)のサービス付です。

当日受付を済ませて、どんな人が参加するのかと、組み合わせ表で自分の名前を探していると、やはり同組は日本人4人のようです。しかし皆初顔合わせ。その日はショットガンスタートといって、全18ホール一斉にスタートですから、72名近くの参加者、ということになります。私の組は第7組で、7番ホールからのスタートです。日本人の組がもうひとつぐらいいて、そこには顔見知りの人もいました。韓国人と思われる組も2組ぐらいいて、あとはインド人のグループです。

*スタート前の参加者たち。中には女性の姿も(韓国人グループ)。

最初に簡単なルール説明があり、5:50分発砲音とともに一斉スタート。ダブルボギー以上はピックアップというルールですので、進行は早いです。しかも私の組は4人のエントリーだったのですが、1人キャンセルがあり3人でしたので、しばらくしたら前の組に追いつき、多少待たされることに。                                                早朝のスタートでしたので、11:30ごろには終了し、その後はシャワーを浴びて、ランチパーティー兼表彰式。同組のMr. HさんがHC(ハンディキャップ)15-20の部で優勝、大きな優勝カップをもらいました。 ラッキードロー(抽選会)ではキャロウェーのボール1ダースが4人に当たりましたが、残念ながら私はこちらもはずれ、ちびちびとビールを飲んで変わり映えのしないインド料理をつまんでおりました。

*表彰式。ビールを飲むインド人が多かったのはやや意外。伝統的にインド人の多くは最初からウイスキーを飲みます。

このMedal RoundはGGGの主催とはいいながら、インドの運送会社がスポンサーとなっていました。だからこんな料金でできるのです。しかしゴルフとは関係ないと思われる運送会社がなぜスポンサーに? 要はここに集まっているインド人は皆金持ちで、会社経営などをしている人たちと思われます。そうした彼らに宣伝できることでスポンサーになる価値があるということなのでしょう。                                         私が働く会社でも、運送会社の質の低さにはずいぶん苦労していますが、この会社は特別な設備やスキルがあるのだろうか?輸送事故を防げたら、ずいぶん経費節減になるのですが、この運送会社のパンフレットがテーブルに置かれていただけで、宣伝めいたものはなかったです。仮に、日本通運など日本の会社であっても、実際に働くのはインド人なので、日本のクオリティーはとても期待できないのが現状です。そもそも現場労働者は、字が読めなくて、たとえば英語で”横積み厳禁”などと書いてあっても理解できないのです。また物を大切にしない、というか乱暴に扱うのはインドの文化なんでしょうか。でもまあ、この辺はまたの機会に。

*ゴルフとは関係ないですが、ゴルフ場への新しくできた道です。なんと道のど真ん中に木が残っています。日本では考えられないですね。役所の許可が出たら切るということなんでしょうか。それともずっとこのまま?ちゃんと前を見ていればぶつかることもないでしょうが、インドでは道路端に木が残っていたり、建造物が道路にはみ出しているのはよくあることです。

 

Medal Round」への2件のフィードバック

    1. サントーシーさん
      そういうことだったんですか!?
      では社員にも聞いてみよう。
      私は役所の許可がないと勝手に切れないなどの制約があるのかと思ってました。
      ということは、あの木はずっとあのまま?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA