インプラント挿入

いよいよインプラント挿入の日がやってまいりました。歯を抜いておよそ3ヶ月。抜いた歯のあたりの骨が十分に再生された、ということだと思います。 若いと抜歯から2ヶ月ぐらいで出来るそうですが。                                               インプラントとは生身の骨に穴を開けて、そこにボルトをねじ込むわけですから、考えただけでも顔をしかめたくなります。                                          ”もし失敗したら、やり直しは効かないだろうな。壁に木ねじをねじ込むのとは分けがちがうだろうし。しかもインド・・・”                                           でもまあ、一旦決めたことを今更逡巡しても仕方ありません。もうまな板の鯉ですので、すべてを信頼して任せるほかありません。                                  例によって右あごの辺りに局部麻酔をたっぷり打たれ、顔の右下1/4はほとんど感覚がなくなりました。前回の抜歯の時の経験から、最初から迷わずたっぷり注入された気がします。

作業は、木や壁に木ねじをねじ込むのとほぼ同じです。ターゲットを決めて、そこに小さめのドリルで穴を開け、そのあとやや大きめのドリルで穴を広げて、そこにインプラントをねじ込みます。最後は歯科医師が小さなレンチをつかって所定の深さまでねじ込んでおしまい。

術後、レントゲンを取り、その結果を見せてくれました。                       ”手術は成功だったんですよね?” と聞くと、例のインド人特有の頭を横に振る”Yes”のしぐさを見て一安心。私からみても、その写真はしっかりきれいに埋め込まれたように見えました。助手から袋に入った氷を渡され、”30分ほど患部に当てておいてください”        しかし、この助手がよろしくないです。インド人特有の、人のことを考えない。すなわち患者の身になって考えるという姿勢が感じられないのです。たとえば、吸引装置やレントゲン撮影の時など、 ”そんなに強く押さえたら痛いのがわからないのか!?” と言いたくなるのです。たぶん歯科衛生士とかの資格は存在していないのでしょう。

*2つの歯の間、やや右に傾いているネジのようなものがインプラントです。今から3ヶ月後、その上にクラウンを装着し私の新しい歯となります。

帰り道、さほど痛くはなかったのですが、やや落ち込んでいる私に珍しく運転手のGovindちゃんが話しかけてきました。                                             ”日本では交通はインドと同じですか?”                                 ”そうだよ、車は左側”                                           ”みんな自分で運転してるんですか?それとも運転手を雇ってる?”               ”日本では99.9%は自分で運転してるよ”                                          ”日本ではどんな車を持ってるんですか?”                                ”車?もってないよ。”                                           ”えっ!?ないんですか”                                           ”うん。だって東京に住んでたら必要ないもん。高いし”                           ”へー!?インドだったら、給与が35,000ルピー(56,000円ほど)になったらみんな車を考えますよ”  (インドの新車、たとえば最大の人気車スズキスイフトなどは80万円ぐらいです)                                                     ”私の若いころは、車を持つのが一種の憧れみたいなところがあったけど、今はそんなこともないみたい。毎日乗るならともかく、どうせ週末しか乗らないし、高い買い物だよ。子供が大きくなったらいらないね。酒も飲めないし”                                                    考えてみれば私が子供のころの初任給は今のインドくらいだったような気がします。そのころの小型車の価格がやはり80万円ぐらいではなかったでしょうか。車に関しては、ちょうど今のインドは40-50年前の日本という感じかも知れません。                                     現在インドでの車普及率はおよそ2%。すなわち2,600万台ほど。でもインドのたとえ10分の1、すなわち1億3000万人もの人が車を持つようになったらどうなってしまうのだろうか?現在の5倍もの車が街にあふれることを想像しただけでも、ため息が出ます。         道路がそれに連れて整備されるとも思えないし、デリーなんかきっと車で埋めつくされることになるでしょう。そもそもこれ以上空気汚染が進んだら、人が住めなくなってしまうのではないだろうか。

*術後に飲むように言われた5種類の薬。一週間分で650ルピー(1,000円ほど)と超安い。さすが薬メーカーのたくさんあるインド。もちろんジェネリックでしょうが問題なし。インドでも医薬分業ははっきりしています。

インプラント挿入」への6件のフィードバック

  1. 始めまして。このインプラントについてのブログを1,2と読んでどうなるのか気になっていました。実は私も歯が悪くなり抜歯となると思うのでどうしようか悩んでいたらこちらの歯科医を紹介してもらいました。
    明日行く予定です。
    術後の痛みは特にないのでしょうか?抜歯もインプラントも初めてになるのでドキドキしています。

    1. 阿部広美様
      コメントありがとうございます。
      Dr.Poonam Batraを紹介されたということですと、インドにご在住ということでしょうか。
      術後は痛みなどほとんどないです。薬も飲んでますし。抜歯のときとインプラントを入れるときの、麻酔注射がチクッと痛みがある程度でしょうか。
      案ずるより産むがやすしですよ。でもちょっとドキドキするのはわかります。Good Luck!

      1. 返信ありがとうございます!
        デリーの近くに住んでいて帰国する予定もまだまだないのでこちらでお世話になろうかと思ってました。
        体験談大変参考になりました。
        私も子供の頃神経を抜いた歯がいよいよ駄目になってしまったので抜歯だと思います。
        肝っ玉先生のようなので身を任せてきます‼

        1. 阿部広美様
          言い忘れましたが、診察する肝っ玉先生(Dr. Poonam)と実際インプラントする先生(男性)は別ですので、
          仮にインプラントになったとして、先生が違っても不審に思わないでください。仮で且つ先の話ですが。

          1. ありがとうございます!
            前回行った時Dr.Poonamは旅行中との事で若い女医さんに診察をして頂きそのインプラントの先生を同じく紹介してもらいました。少し不安に思いましたがそうだったんですね。ありがとうございます。
            色々予定が合わず来週にその男性に診察して頂く予定なのでこれで安心して行けます。

          2. 阿部広美さん
            やはりインプラントを入れることになりましたか。
            私は挿入してから3週間ほどになりますが、痛みもなく順調に感じます。6月11日にクラウンをはめ込んで終了となる予定です。
            挿入時50,000ルピー、クラウンで20,000ルピーは、インドの標準からはかなり高いようですが(2倍以上)、日本と比べるとずっと安いし、
            まあ安心料と考えましょう。歯科、特にインプラントは経験と最新技術を使っているかで決まるように思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA