耳鳴りーその2

2階の1122号室の入り口には、小さな受付カウンターのようなものがあったのですが、誰もいません。1122号に行けと言われたのだからと、素直にノックしてドアを開けてみると、患者らしき人が2人所在無さげに座っているだけです。                           すると後ろから、”May I help you?” と男の人が声を掛けてきました。                                          受付でもらった書類を見せると、                                   ”Dr. Ameetは不在ですが”                                      ”知ってます。代わりの先生が診てくれることになってるんですが”               ”その人の名前は?”                                         ”(知らねーよ)そちらかそういう提案があって、14:30に来るようにいわれたんですけど”       ”じゃ、たぶんDr. Ashuwaniのことだと思うけど、彼はいま会議中であと1時間ほどかかりますが”                                                   ”はーー?14:30に来いとは、そちらから言われたんですよー!”  しかし、こんなことには慣れっこになっているので、さして驚くというか怒りも沸いてきません。1時間と言われれば、たっぷり1時間半は覚悟したのでした。                                        ”Dr. Ashuwaniが帰ってきたら連絡しますので、携帯の番号教えてください”

本当にちょうど16:00ごろになって連絡が来ました。そして、先ほどの男に会計カウンターに連れて行かれ、”初診料として1,500ルピー払ってください”。                        初診料の事は聞いていたのですが、数百ルピーぐらいという話だったけど仕方ありません。私立だから高めなのか。                                        1122号室に案内され、Dr. Ashuwaniと思われる若い先生が”どうしました?” と聞くので、あらましを説明すると、左右の耳の中を道具を使ってチェックし終わると、           ”右の耳の中に大きなWaxがあって鼓膜が見えません。左はOKなんだけど”                               ”Waxって耳垢のことですよね?” ”そうですね”                          そして音叉を膝で打って音を出し、その底を頭の真上につけて聞こえ具合を聞かれました。                                           ”右側の方が良く聞こえます” というと、先生は大きく頷いて、”ではWaxを取り除きましょう” 音叉の音は鼓膜からの情報ではなくて、骨を伝わっての振動で聞こえたもので、右側の耳が正常であることを確かめたものと思われます。

それからまた会計カウンターに案内され、”3,450ルピー(約5,500円)払ってください”     ”えーっ!たかが耳垢を取ってもらうのに5,500円かよ”・・・母親ならタダだけど、医者にやってもらったらそんなもんか。。健康保険があるわけでも無いし。                                                   ところが、このWaxを取り除くのが難儀でした。                          ベッドに寝かされて、耳にWaxを溶かすためと思われる液体を注ぎ込まれ、麻酔こそしなかったものの、ピンセットのようなものでつまみ出そうとしたり、さらに液体を流し込んで出そうとしたり、20分ぐらいかかったでしょうか。最後は細いパイプの付いた吸引機を使ってやっとのことで引き出しました。恥ずかしいですが、下に写真を添えます。普段麺棒なんかで耳の中はちゃんと掃除してるんですけどね。

*大きめのご飯粒くらいのサイズでした。きっと砂とかゴミが入って、それが核となって、耳垢が徐々に付着し大きくなっていったのでしょう。そのうち井伏鱒二の”オオサンショウウオ”のように耳から出れないほどになって、鼓膜の邪魔をしていたのだと思います。

でもそれが取れるやいなや、耳鳴りはピタリと止み、世の中が変わったようにクリアーに聞こえます。これは5,500円払う価値はあるわ!確かにプロでなければ取り出せなかったでしょう。難聴の心配も杞憂に終わり、めでたしめでたし。

耳鳴りーその2」への2件のフィードバック

  1. 1500Rsですか、た・・・高いっ、高すぎます!

    確か初診料の他に指名料がかかりました。
    先生によって料金が違うようです。

    最後に有名病院に行ったのは5年前に行ったサケットのMax病院でしたが、
    初診料は500Rsだったように記憶しています。
    物価上昇に伴って上がったのでしょうか?

    耳垢取るのに3,450Rsも高いようですが・・・
    まぁ完璧な処理だったようですので高くないのかもしれません。
    処置料と薬剤の料金も入っていたんじゃないでしょうか?
    それにしても高いですね。

    ちなみに・・・街中で徘徊している耳かき屋ですと20Rs程度です。
    変なオイルを使われると100Rsくらいにはなるようですけど。
    意外に上手くて気持ち良かったですよ。

    1. サントーシーさん
      いつもコメントありがとうございます。励まされます。
      しかし、街中を徘徊している耳かき屋があるとは知りませんでした。しかも試したことがあるとはさすがです。
      3,450ルピーは処置をする前に、”耳かき料”として払っています。
      どんな薬品を使うかとか困難さは見積もられていないと思います。
      いずれにしても高いですよね。
      結果的には大満足でしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA