耳鳴りーその1

日本から帰ってから間もなく、右側の耳で耳鳴りが始まり、当然ながらよく聞こえなくなってしまいました。耳のなかに水が詰まったような不快感の上に、ジーーーと言った耳鳴りが聞こえます。何もしないと痛くはないのですが、耳のなかの”水”を取り除こうと、入りはしないものの小指で掻き出そうとしたりすると耳の内部に痛みも感じます。              歳も歳だし、これは難聴の兆しであろうか?母親は晩年結構耳が遠かったし、兄も最近片方の耳が難聴気味みたいだし、私にもその時期が来たのか。 耳が遠くなってもゴルフはできるけど、なんとか難聴は避けたい! 何度も聞き返すのは格好悪いし、TVを大音量で見なければならないとすればそれも悲しいし。

インドの歯科に行くのも躊躇しなくなった私は、一般的に評価が高いインドの医者ならちゃんと診てくれるであろうと、早速耳鼻科の医師を紹介してもらうことにしました。 間もなく、会社スタッフが事務所のすぐ近くにある私立大手の”Apollo Hospital”の耳鼻科のDr. Ameet Kishoreという先生を紹介してくれました。14:30のアポだけど、その前に確認の電話かSMSがあるのでそれを確認して、初めてなのでやや早めに行くように、とのことです。

*Apollo Hospital. インドでは私立と公立の病院では雲泥の差があるそうで、ここは私立の最大手のひとつです。

歩いてでも行ける距離なのですが、病院を分かっているGovindちゃんに連れてってもらった方がよい、とのアドバイスで車で参りました。                              一階に受付があると思う、という簡単なアドバイスだったのですが、すぐにそれらしきカウンターを見つけ耳鼻科の場所を聞くと、                                ”あなたは何人?中国人?” というので”日本人です” というと、                                       ”じゃ、この先右の”International Patient” で受け付けしてください” と言われ、行ってみると、                                                                                          ”パスポートは?”                                            ”いや、必要ないと言われたので持って来なかったです”                     出直しか、と思いきや、近くにいた親切な他の患者が ”メールでコピーを送ってもらえばいいんだよ”                                                 ”なるほど。じゃ、メールアドレス教えてください” と受付に頼むと、女性の受付嬢が名刺をくれましたが、”WhatsAppなんかでパスポートのコピーを送ってもらってもいいいですよ” と言うので、会社のアドミスタッフに電話して、即送ってもらい、携帯でパスポートのコピーを見せながら、書類に住所、氏名、生年月日などを書いて受付開始。やっぱ、スマホは便利。                       ”どの先生とアポがあるのですか?”                                  ”Dr. Ameet Kishore先生なんだけど、今日彼は忙しくて、別の先生が診てくれることになっているんですけど”                                            ”じゃ、その先生の名前は?”                                        ”電話で言われたような気がしますが、覚えていないです(本当は聞き取れなかった)。でも耳鼻科から14:30アポ確認の電話もらってますから、彼らが知ってますよ”               ”(しょうがねーなー、という顔をしながら)じゃ、Dr. Ameetの名前を書いておくので2階の1122号室に行ってください” ・・・続く。

*14:00ごろ外国人受付の脇、ムスリムが病院内でお祈りを始め、ちょっと異様な雰囲気でした。確かにこの地区はイスラム教徒が多いらしいです。

*病院内にはレストランなんかもあって、日本の病院と見た目はあまり変わりません。

耳鳴りーその1」への2件のフィードバック

  1. 10年前・・・朝起きたら突然、全身に蕁麻疹が出ていました。
    顔面にも出ていたため会社のインド人スタッフに頼んで、
    このアポロ病院に行きました。
    当時はまだ出来たばかりで完成していませんでした。
    オンライン予約はなく、かなりの時間待って診てもらいましたが、
    ステロイドやアレルギーの薬と塗り薬が処方されただけでした。

    その後、数年にわたり突発性の蕁麻疹に悩まされいろんな病院に行きましたが、
    対応はみな同じでしたので高い病院に行かなくてもいいのかもしれません。
    ちなみにステロイドを飲むとピタリと止まりますが、
    アレルギー薬は効きませんでした。

    お大事になさってください。(末筆でもうしわけありません。) 

    1. サントーシーさん
      お見舞いメッセージありがとうございます。
      結局何にもなかったです。(その2参照)
      サントーシーさんもまさにこのApollo病院(Jasola)に行かれたのですね?
      外国人料金ってのはあるんでしょうか?
      公立病院ならほとんどタダみたいですね。だけど待ち時間があまりにながく、現実的には多くの人は私立に行くらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA