注文した靴が届く

9月28日にバンガロールの靴屋で注文したときには、20日ほどで指定の場所にお届けしますということでしたが、届くであろう10月18日ごろには日本に一時帰国する予定でしたので、事務所に届けてもらうように名刺を置いてきました。自宅に贈ってもらうより、日中は誰かしらいる事務所のほうがより確実ですから。                                   さて日本から帰国して、翌月曜日(10月29日) ”オーダーメードの靴”が届いているに違いない、と少しばかり楽しみにして出社してみたのですが、自分の机の辺りにそれらしいものは見当たりません。事務所のスタッフに聞いても、何も届いてないとのことです。                          アドミのスタッフが、”じゃ、私が電話で聞いてみましょう” と言ってくれ、それによると、”明日すなわち火曜日に発送するそうです” なぜ明日で今日ではないんだろうと思っていると、間もなく私に直接電話があり、”2つ目の靴は光沢のある革を使うんですよね?” と今頃になって材料の確認をしてきました。 ”そう、最初の靴と同じもので、つや消しではないものです”  ”わかりました。では今週末に送るようにします”                                     ということは、明日送るどころかまだ作っていなかったのです。ま、インドですからね、こんなもんです。別に今日明日無くても困るものでもないし。

さて、一週間後の11月5日(月)になってなんとか届きました。さてどんな出来か?            履いてみると、うーん、ちょっときつい。2つ作ってもらったのですが、2つ目の(スリップオンタイプ)が注文したものと材料が違う!                                早速一緒に注文した同僚にどうしたものかとメールで相談してみると、その旨をすぐに靴屋に連絡してくれ、またまもなく靴屋から直接電話が来ました。                       ”2つ問題があって、一つはサイズが小さいこと。2つ目は革の材料が違うことなんだけど” ”わかりました。まずサイズの方ですが、厚めの靴下を履いていませんか?”          ”いや、普通だと思うけど”                                        ”じゃ、インナーソールを抜いて履いてみてください”                          ”なるほど、インナーソール無しだとまあまあかな”                                      ”2つ目の問題ですが、光沢のあるものを使うように承りましたが”                  ”そうだけど、両方同じ材料を使うようにお願いしたんです。普通の革でも光沢のあるのと無いのとの2種類があると言われたので、光沢のある方と言ったわけだけど”            ”了解しました。では作り直します。若干大きめで作るのですね?”               なんと意外にも、自分の非を素直に認めて、作り直すとは。これはインドではありえないような対応です。                                                 ”じゃ、是非お願いします。で、今手元にある間違った靴はどうしますか?”             ”ではいつか貴社のどなたかがバンガロールに来る機会があるでしょうから、その時にでも持たせてください”                                               ”OK、了解”                                                 繰り返しますが、インドでは珍しい誠意のある対応だと思います。                                                  今度は一週間ほどで出来るとのことですので、楽しみがまた増えたことにしておきましょう。

*新聞紙で簡単に包んでの梱包。だいたいこんなもんです。

*写真では目立ちませんが、上の靴はエナメルを塗ったようにピカピカです。いい年してそのような靴など履けません。下はやや小さめでしたが、インナーソールを抜くとまずまずに。いかにも手作りって感じですが、悪くはないと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA