あれも食いたい、これも食いたい

およそ半年振りの日本への一時帰国。昼はカレー系かピザなどで、朝は味噌汁付のまあ和定食といえなくもないですが、夜といったら簡単な和風おつまみ程度で済ましておりますので、日本に帰ったらすし、ラーメン、うなぎ、刺身あるいはいろんな果物や新鮮な野菜。 今の時期だったら秋刀魚の焼きたてで熱燗とか、この時期食べ物への楽しみは尽きることがないくらいです。

帰国して、翌日の朝は健康診断を予定していましたので、前の日は自宅で日本酒は楽しんだものの、さらに軽めに済ませました。翌日の朝は抜かなくてはなりません。これはいつものことですが、私は胃のレントゲンが良く撮れるためにそうするのだとばかり思っておりましたが、採血のために必要だと今回初めて知りました。血糖値が高く表示されるのを避けるためとか。なぜ低めにならないといけないのかは依然よく分かりませんが。             さて、11:00ごろ健康診断が終了し、朝食が配られる人もいたようですが、私は料金の安いオプションなのか、そのようなサービスは付いておらず。普通ならちょっとがっかりするかも知れませんが、その日は逆に自分の好きなものが食べられるわけで問題なーし。           さー、なにを食べようか。そのあたりはある程度土地勘はありましたが、朝から(といっても11時過ぎですが)ラーメンを食べる気にもならないし、居酒屋がやっている昼定食なんかも悪くなさそうでしたが、その日は昔日本にいるときにランチでよくお世話になった”はなまるうどん”に決定。11:30ごろだったとおもいますが、ほぼ満員で5-6人の列ができています。 ”ほほー、いまだに人気のようでなにより” で迷うことなく、いつものように”温玉ぶっかけうどん”を選択。吉野屋なんかではめったに若い女性は見ないですが、このはなまるうどんは若い女性も学生も、そしてお年寄りの多いこと。あ、ふと気がつくと、自分のその一人だった!消化もいいし、健康的ですからね。

その夜は、昔太宰治の愛したと言われるうなぎ屋で、熱燗と各種おつまみ、最後にうな重。うな重の前にいろんなおつまみを食べましたが、その後でもうな重は実に美味でした。夜あんなに食べたのは久方振りのことです。                                 その翌日からは秋刀魚の塩焼き、すし、社員用レストランの定食、そば、などと続くのですが、なぜかラーメンを食べる機会がありませんでした!朝からラーメンを食べる気にならないし、今は飲んだ後にラーメンなど食べると胃がもたれることになるので、お昼のみにチャンスがあるのですが、そうなると意外にチャンスがありません。結構そんなもんなんですね。次回の一時帰国では事前に食べる日を予定しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA