パパイヤ

”食べるとお父さんを嫌いになってしまうフルーツなーんだ?!” なんてなぞなぞがありましたが、パパイヤもマンゴー同様、日本では買って食べる習慣がなかったせいでしょうか、インドに来て3年半にもなるのに、これまで自分で買って食べることはありませんでした。もちろんホテルなどで朝食のデザートとしては普通に食べていましたが。             英語ではPapaya。パパヤと読みたくなるのですが、発音はやはりパパイヤが近いようです。                                                  Govindちゃんによると、10月の今頃がパパイヤの一番良いシーズンなそうな。パパイヤはマンゴーと違って、種の部分が少なく実の部分が多く食べやすそうだし、じゃ一度買ってみるか、と食料品を買うついでにスーパーで一個買ってみました。

*左隅に写っているのは”100円ライター”。停電のときはガスの点火に必要なので、常備しています。大きさの目安に置いてみました。

 

*中に種があるものと無いものがあるのですが、味は同じそうです。たまたま種無しパパイヤでしした。右の写真はサイトからコピーした種のあるパパイヤ。なんかきれいな黄色で高級そうに見えますね。

ひとつなんと39ルピー(約60円)。小さいスイカほどもあるパパイヤ、重さも1Kg以上はあります。運賃だけでも60円ぐらいはかかるのでは?どうやって利益を出すんだろう、また生産者の売値どんなものなんだろうかなどと心配になるくらいです。”生産する”のではなくて、ただ自然に生えているものを取ってくるだけなんだろうか。。。それにしても驚くべき安さ。

*パパイヤの木。(木ではなく草として種類分けされる場合もあるらしい)こちらもサイトからのものですが、種を撒くと簡単に発芽し、観葉植物としても楽しめるとか。

これひとつあれば3日も4日も食べ続けることになります。 一人暮らしの私が、なんとなく買うことを躊躇していたのは、この辺も理由だったのかも知れません。

今回買ったものはちょうどよい熟れ具合で、味もなかなかのもの。個人的にはマンゴーの方が好みではありますが、人によってはパパイヤの方が好きな人もいるかも。マンゴーは4月下旬から8月ぐらいまでだけなのですが(冷凍物はある)、パパイヤは不思議なことに年中売っています。 日本でも売っているのだろうか?今週日本に一時帰国するのでお土産にでも買って帰ろうか。日本での検疫?これまでの経験からは問題なし!万が一摘発されても大した”損害”でもないし。

パパイヤ」への2件のフィードバック

  1. 私も買いません。
    その理由は・・・我が家の冷蔵庫は小さく、いつもほぼ満室状態です。
    そこに食べ残したパパイヤが入らないからです。
    ハワイなどのパパイヤ(右側の写真の様な)に比べると
    インドのパパイヤは大きく甘みも少ないですね。

    1. サントーシーさん

      一時帰国から帰ってまいりました。
      本当にパパイヤをお土産にして自分でも食べて食べてみましたが、なんかいまいちでした。
      インドで食べた時は、悪くないと思ったのですが。
      (おいしいものがいっぱいある)日本で食べるせいか、サントーシさんのご指摘のようにインドのパパイヤは甘みが少ないせいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA