スリランカへの旅-1

今回のお客さんの一人であるおじさんは(Mr. OOとしておきましょう)、すき焼lきパーティーの翌日からアグラ(タージマハール)からジャイプールを一人旅して、水曜日に私とIGI(デリー)空港で待ち合わせて、一緒にスリランカに行く計画です。私は3年半もインドにいますが、いまだスリランカに行ったことがありません。噂によると、インドより街はずっときれいだし、人も信用できる人が多いとか。しかし、それもインドと比べてのことでしょうから、推して知るべし。

*めずらしくショートヘアーのインド女性!と思いきや、ここはすでにスリランカ(エアーの機内)でした。ふくよかさは似たようなものですが。

初日はコロンボの近くのネゴンボという町のホテルで一泊。翌朝、手配してもらったタクシーのJagathさんという人のお迎えで、内陸のダンブーラとシギリア方面に出発。車から見える街並みは、ごみはほとんどなく、たしかにインドよりはずっときれいでした。

*途中道端で果物を売っている露店と、その脇のゆでとうもろこし。インドではみな焼きとうもろこしですが、こちらではみなゆでたとうもろこしを塩水に浸して売ってました。”スイートコーンか?” と聞くと ”そうだ” というので試してみましたが、スイートコーンのような、そうではないような。日本のが甘すぎるのか?岩塩を浅い鍋に撒いて、そこに水を入れて塩水を作っていたので、”その水はきれいな水か?” と遠慮なく聞くと、奥にある大きな飲用水タンクを見せてくれました。運転手によるとスリランカでは水道の水も飲めるとか。

およそ4時間ほどのドライブでダンブーラ到着。その日のホテルはCinnamon Hotelといって超豪華。というか離れの一軒家のようになったビラ形式のホテルで、周りの環境も抜群です。

*Cinnamon Hotel. この一階と二階が我々の部屋です。

ところがMr. OOさん、”どうも本調子では無い” としきりに訴えます。日本を出る前から少々風邪気味だったようですが、インドで3日間一人旅して疲れたのか。それほど暑くはないと思うのですが、本人は、熱中症かな、などと言っています。 というわけで、夕食まで休んで様子を見ることに。                                            そろそろ夕食の時間と思われる7時ごろに電話してみると、”ちょっとダメですね。38.5度もあります” ”じゃ、医者に見てもらうか?”  ”そうですね” と素直に応ずるところを見ると相当悪そう。ホテルのフロントで事情を話すと、”では、この近くの病院に行けますか?車で10分ぐらいです。10,000ルピー(7,000円ほど)ぐらいかかるとおもいますよ” ”わかりました。とにかくすぐに行くようにします”。 するとホテルのなかからなぜかコックが出てきて、”私が一緒にお供します、念のためですけど”  ”はあ・・・、よろしくお願いします” ホテルは車も用意してくれました。                                                5分も経たないうちに病院に到着。インドでも行ったことが無い病院ですが、スリランカで初体験することに。そこは公立病院をいうことでしたが、病院をいうより、”村の診察室” という感じで、一目で看護婦さんと分かる女性以外は、患者とも使用人とも見分けがつかない男たちが5-6人たむろしています。”このなかの誰かが医師なのだろうか?” 外で5分ほど待っていると、Tシャツにビーサン履いた真っ黒な小さな男が出て来て椅子に座りました。そこは診察室ではなくて外なのですが、どうも彼が医師のようです。 Mr. OOを前に座らせ  ” どうしました?” 状況を話すと、胃腸の辺りを押してみたり、喉を見たりして、一応診察らしきことはしてくれました。                                         ” 心配いらないと思うけど、これを飲んでください” と紙切れに薬の名前らしき文字を書いてくれました。 診察時間、およそ5分。付き添いのコックは了解したようで、そのメモを持って車に乗り込みます。すぐ近くの薬局に連れて行ってくれたのですが、メモに書いてある薬は無かったのか、だれでも買えるパナドール(解熱剤)を出してくれました。                                                 不思議なのは、医院でも薬局でもお金を払ったようでもなく、請求書をもらった様子がないことです。明日チェックアウトのときにホテルから請求されるのだろうか?でもホテル内の診療所でも無いしなー・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA