千客万来

千客万来、と言ってはちょっと大袈裟ですが、同時に3人ものお客さん、それも別のグループ(2人と1人)が一緒になるとはとても珍しいことです。さらに2人のグループは若い女性2人組と、自分の年を考えるとまずあり得ない賓客。重なった場合は断ってもよかったのですが、一緒になるのは一泊だけだし、お互いそれなりに繋がりがある関係でもありましたので双方了解の元、3人で泊まっていただくことになりました。                     JAL便は到着予定は午後5時ごろの予定だったのですが、台風の影響で?出発は2時間も遅延。強烈な台風とはいえ、台風22号はまだフィリピンの辺りだし、飛行機は台風のはるか上空を飛ぶはずだから関係ないと思うけど、と楽しみにしていたすき焼きが遅れることにいささか不機嫌な私。                                            それでもJALもがんばったらしく、1.5時間遅れほどでIGI空港に無事到着。”初めまして” ”この人がXXさんのお嬢さん。こちらのお嬢さんはそのお友達” ”こちらがお父さん(XXさん)の先輩でOOさん” てな感じで紹介を済まし、一同車で我がアパートへ。

その日もいつものように日本から牛肉を買ってきてもらって”すき焼きパーティー”。     ワンパターンですが、すぐに出来るし、ビールのつまみにぴったりだし、4人ぐらいで鍋を囲むってのは、和やかな雰囲気を醸し出すしで、なかなか優れものです。そもそも牛肉をインドで食べるってことそのものがまずないことですので、あたかもマツタケなんかをいただくような希少価値感と、(基本的に食べることは禁止されていますので)少々の緊張感さえあります。

*たまたますき焼き用タレもあって、製作はとてもすばやくできました。

*最後は定番”すきうどん”で〆。

翌日若い2人のお嬢様方は、朝4時半にラダック(Lehの近くの4,000m級の高原)へ向かい、残されたおじさん2人は、(若い女性2人が居なくなって)火が消えたようなアパートで、ふたたびベッドに戻り8時すぎまで2度寝したのでした。おじさんたちは水曜日からスリランカ旅行を予定しています。

以下の写真はお嬢様方から送ってもらったラダックの写真です。

*ラダックにある有名な湖とヒマラヤにつながる山々です。とてもインドとは思えません。

*背後に見える白い稜線はきっとヒマラヤの一部と思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA