東大の学食

珍しく6月の梅雨の時期に日本に一時帰国することになったのは、ひとつにはインド人スタッフの日本への案内役というのがありました。営業やエンジニアーは、日本での研修があるので、ある程度定期的に日本へ行くチャンスがあるのですが、アドミ関係はまずありません。そこでインセンティブといいますか、研修と称して日本本社への訪問となったわけです。  6月は雨季(梅雨)なので、5月を強く勧めたのでありますが、真面目な我が社員は”6月上旬まで17年度の決算が終了しないので、それが終わってからにしたい” という殊勝な心がけで、6月13-16日の日程と相成りました。                                普段の心がけがよろしくとも、梅雨には雨が降ります。大手町の事務所を訪問した後、せっかくだから皇居を見てみようと、事務所を出たとたんに雨が降り出し、タクシーで皇居に着いたときには土砂降りになりました。傘は4人で2本しかなくほぼずぶ濡れ。雨のせいか、そこからタクシーを拾うことも出来ず、二重橋までぐちゃぐちゃと歩き、地下鉄で根津に向かいました。

IMG_2172R

*二重橋前から丸の内方面。

東大はわが社にとって最大の顧客と言っていいところですので、インド人スタッフにもどんな風に使われているのか一度見せておこう、というわけです。そこで逆立ちしても入れない東大の学食でランチでも食べて、しばし東大の雰囲気でも味わおうという計画です。ま、そんなこと考えていたのは私だけかもしれませんが。

IMG_2173

*手前の薄青いものが1943年に東大で作られた電子顕微鏡だそうです(高さ1m強)。こんなところに無造作に置かれているのは勿体ないとおもうのですが。

ずぶ濡れになった4人も、東大の見学を終えるごろには着ているものはほぼ乾き、安田講堂近くの第一食堂に向かいました。インドからの2人はベジタリアンではないですが、牛肉はもちろんのこと豚肉もだめですから(魚もまず食べない)、選択はかなり限られます。事前に”親子丼” あたりなら問題なかろうと考えて、”半塾の卵は問題ないよね?”などと確認さえしていたにもかかわらず、それらしいメニューが見当たりません。カツ丼はあったかどうか確認してないですが、親子丼なんてメニューはもうはやらないのだろうか?さすが東大、”ハラル料理”なんて選択さえあるのに。                                         仕方ないので、鳥のから揚げに半熟卵を載せたどんぶりを頼んでみました。(結局ほとんど親子丼と材料は同じですが) インド人は食に対してとてもコンサバですので、最初は奇妙なものでも見るように”から揚げ丼”を眺めて後、恐る恐るスプーンで口に運んでいました。一人は”Good”と言ってくれましたが、もう一人はちっともおいしそうな顔をしていませんでしたので、口に合わなかったのでしょう。それでも悪いと思ったのか、なんとか全部食べたようです。日本人にとっては無くてはならないしょうゆ味、インドにはどうも合わないようです。                                                       この第一食堂は最近改修されたらしく、とてもきれいでモダンでありました。さすがに海外からの留学生と思われる人も多く、また昼間からビールを飲んでる人もおりました。学食でビールが飲めるってのは、さすが東大というべきか、インド人もびっくりです。

IMG_2174

*から揚げ丼に半熟卵かけ。確か550円ぐらいでした。Suicaで払えます。

IMG_2176

*付け合せにサラダ(ゆでた豆など)を取っていましたが、ドレッシングなどが目に入らなかったようで、”日本ではやはり素材そのままを味わうんですね・・・”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA