ヒマラヤを見に行くーその1

3月上旬家内と娘とそのお友達が訪ねてきてくれました。家族は2回目ですが、娘のお友達は初めてかと思いきや、すでにケララとかムンバイに行ったことがあるそうな。彼女も父親の仕事の関係でシンガポールに居たことがあり、そこから家族旅行でインドに行ったそうです。それも10年も前のことでしょうから、現在のインドとはずいぶん違います。でもそんな昔のインドを知っていてくれると、こちらも多少気が楽です。なにせ、そのころのインドは今に比べたらずいぶん違いますし、食あたりしそうなものはある程度わかっているでしょうから。

インド観光といえば、定番はタージマハールといったところですが、今回はデリーから300Kmほど北にいったデーラドン(Dehhradun)というウッタラカンド州(Uttarakhand)の州都からさらに先のマッソーリー(Mussoorie)という町まで行ってヒマラヤ山脈を見に行くプランを立ててみました。                                                      そもそもなぜそんな計画が浮かんだかというと、半年ほど前に会社事務所のオーナー(Guptaさん)とゴルフをしているとき、”Mussoorieに別荘があるので、良かったら使って良いよ。部屋数も23部屋もあるので大人数で行くといいよ”とのお話。それは単なる別荘というより、大邸宅ではないか? その場では”そうですか、では今度家族が来るときでもあったらお願いします” などど半ば社交辞令的に答えていたのですが、半年後に本当に来ることになったので、思い切って使わせてもらうこととしたわけです。行ったこともないところにいきなり”お客” を連れて行くのは普通は無しですが、今回はお客でもないし、まあ大きな問題もないであろうとGupta氏を信用して決定。                                                    片道車で6時間以上もかかるところですので、朝6:00ごろ出て、途中朝食、ランチなども食べて、マッソーリーに到着したのは午後3時ごろ。ランチを食べ終わって、Govindちゃんに車を廻してもらおうと電話すると、”ここから歩いていけますよ” とのこと。お昼に少々ビールを飲んでいたので、山道を歩くのはちょっとかったるかったですが、素直にGovindちゃんに続いて、10分強も山道を登ったでしょうか。途中インドとしてはおしゃれな建物が左右に見え始め、我々が泊まる別荘とはこれか?あれか?と期待は膨らみます。ほぼ山というか丘を登りきったところで、Govindちゃんが左に曲がったのを目で追うと、同時に白い邸宅が目にはいりました。 これか、、、

IMG_2069

*お昼を食べたInperial Squareというレストラン。この写真は翌日早朝に撮ったので窓が閉まっていますが、窓からはデーラドンの街が一望でき、内装は軽井沢風のとても良い雰囲気の店でした。

IMG_2080RIMG_2078

*坂道を登って行くと右や左におしゃれな建物が見えてきて、期待が高まります。左の写真はGuptaさんの別荘のすぐ下にあるホテルです。

IMG_2065R

*これがGuptaさんの別荘です。まさに大邸宅ではあります。小山の天辺に立地しており、見晴らし等は抜群でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA