野良犬に子供が誕生

インドでは野良犬、野良ブタがいたるところにいます。それ以上に野良牛らしきものもいっぱいいますが、こちらはほとんど持ち主がいます。                         この野良犬は集団でいたとしても、こちらからなにもしなければ問題はありません。しかし、子供などは悪気がなくともちょっかい出して、犬側からは攻撃されたと誤解され子供が野良犬に襲われる事件は時々発生しております。                            また、交通事故に会った犬が死んでいたりすることもあり、その光景を見るのは実に不快なものです。しかしこんな事は日本でもたまにありますね。

そんな野良犬も当然ながら子孫繁栄のための営みはなされ、野良犬はますます増えることになります。 日本だったら保健所がすぐに保護してしまうでしょうが、インドではそんな予算は無いのでしょう、自然に任せるのみです。                             先日事務所の窓からふと外をみると、4匹の子犬が親犬の周りで遊んでいる光景が目にはいりました。野良犬とて子犬は子犬です。彼らの動きを見ているだけでもなんとかく気持ちが和むようです。

IMG_1958R

*ごみだらけの駐車場の一角で生まれたばかりの3匹の子犬。 もう一匹と親犬が近くにいます。

毎日のように駐車場の中で遊んでいるのですが、ある日よく見るとオレンジ色の”服” を着ています。デリーでも最近は最低10度近くまで温度が下がって来ましたので、きっと誰かが作って着せてあげたのでしょう。そういったやさしい人がいることが分かるだけでもなかなか微笑ましいことであります。

IMG_1955

*ちょっと遠景なのでわかりにくいですが、左の三匹のうち二匹の子犬がオレンジ色の”服”を着ています。右側は親犬。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA