Amazonで毛布を購入

デリーの冬は意外に寒く、最低5度ぐらいにまで下がります。夏は45度を越えますので、その差40度。もっとも東京も冬は0度ぐらいまで下がり、夏は40度近くまで上がることもありますので、温度差による暮らしにくさは似たようなものでしょうか。                             去年の冬はかけ布団(キルト)を買いましたが、歳のせいかそれでも寒いときがあったので、ことしは早々毛布を仕入れることにしました。もともと一枚あるのですが、それは下に敷いて、上にかける毛布です。でも近くに毛布を売っている店など知らないし、ショッピングセンターまで行くのは面倒だし、ということでインドのAmazonを利用してみることにしました。Amazonからは以前エアーバイク=室内用エクササイズ用自転車を買ったことあり、今もまったく問題なく利用していますし。                                   早速サイトを覗いてみると、Dewaliの時期でもあり、なんとみんな70%値引きとかで、一枚600ルピーとか700ルピー(1,200円ぐらい)のものばかり。 配達付きでこの値段は信じられないくらいです。もうちょっと高いの(良さげの)があればそちらを買いたい気がしたのですが、選択肢がありません。だまされたとおもって、買ってみることにしました。

3日ほど後配達され、 そこそこ期待して開けてみると、”これが商品か?”というほどごみだらけです。ごみというのは汚れているのではなくて、糸くずが、しかも違う素材のものがいたるところに付着しています。”どんなところで作っているのだろう?” と考えるとなんか使う気が失せてしまいました。洗ったらむしろ洗濯機の方が汚れてしまうのでは?(品質も決して良いとは言えず、糸くずが詰まったりする) と思わせるほどで、洗う気にもなりません。仮にクリーニングに出したら、毛布の値段の2倍もするとおもわれます。(時々利用しているクリーニング店は品質は良いのですが、日本より値段が高いくらいです)

IMG_1941

*700ルピーほどで自宅まで届けてくれるのですから、なんと便利で安いこと。でもそれは包みを開けるまでのことでした。

IMG_1942

*インドらしい模様の毛布。デザインはどうでもいいのですが、あちこちに付着した糸くずは気持ちわることこの上なし。商品とはいえません。

結局またキルト(布団)を買った”Home Center”というモールまで出かけて、品質を確かめてから買い直すことになりそうです。Amazonも日本だったらこんなことはないんだろうな。インドのAmazonではインド製のものは買うべきでは無いということか。そもそもインドとはいえ700ルピーで良い毛布を買えると思った私が間違いでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA