客を客とも思わないCNGタクシー

当然ですが、Govindちゃん(運転手)も休む時はありますし、スタッフと仕事用の荷物を積んで遠くに出張することもあります。そんな時はOlaタクシー(Uberと同じ)で出勤することになります。                                                                                                                                                                        先週ある日のこと、会社からの帰りに予約したタクシーはCNG(液化天然ガス)を燃料とする車で、英語をまったく解さない運転手でした。インドでも英語を解さない運転手は普通のことですし、CNG車だからといって特に変わることはありません。むしろ排気ガスはガソリン車よりきれいなため、インド政府からは推奨されております。ただ、CNGスタンドがそれほど多くはないということはあります。                                       予約後7分で到着するとの情報が携帯に表示されたにもかかわらず、10分経っても15分経っても一向にたどり着きません。その間電話は来るのですが、なにせ英語が通じないものですから、ゲートの守衛に代わってもらって説明してもらっても、その説明が悪いのか、会社にたどり着くのに30分近くもかかりました。もう暑くもないし、”まあ、こんなもんだろう” みたいな諦めが身についておりますので、さほど腹も立ちません。

やっと乗れた、と思いきや5分ほど走ったところで、勝手にガソリンスタンドに入ってゆきます。”ったく、しょうがねーな・・・” 確かに燃料計には給油ランプがしっかり灯っています。     ”客商売に向かないインド人だからな。。。” これも素直にあきらめ。そもそも言葉が通じないのので、”給油の前にまず私の家に行け” ということも告げられません。その運転手、スタンドの従業員に、”CNG” と言ったように聞こえましたが、なぜかガソリンを入れています。と思いきやあっという間に終了。給油量の表示をみると、”100ルピー(160円)、1,45リッター” と見えます。                                               ”おいおい、いくらお金がないからって、せめて10リッターぐらい入れろよな。プロだろう?!でもまあ、1リッターあれば自宅まで行けるから、まいいか” と思っていると、走り出してすぐまた別のガソリンスタンドに入っていきます。そこはよくみると”CNGスタンド” と書いてあります。なるほどCNGを入れたかったけど、前のスタンドにはなかったということか、と合点したのではありますが、客のことなどまったく考えないこのタクシー運転手、腹が立つのを通り越してもうあきらめの境地です。しばらく待たされ、給油の順番がくるとなにやら私に話しかけて来ます。手を動かして指示しているような。”いったん外に出ろ、と言っている” と理解し、外に出てみると、”OK!” といいます。給油中は外に出るのが決まりのようです。

翌日この出来事を会社で話すと、CNG車は最初の始動はガソリンでするのだそうです。だからガソリンとCNG両方のタンクを備えているとのこと。そしてCNGは引火性はないけれど、爆発ではないにしろ急激に膨張する可能性があるので、給油中は車外に出ることが義務つけられているという話でした。なるほど。                              ”それにしても、家まで先に送り届けさせる権利がありますよ” とは社員も言っていましたが、言葉は通じないし、途中でガス欠で止まってしまってももっと困るしなー。

通常20分もかからない帰宅時間は1時間以上もかかり、客を客とも思わないインド人そのもののタクシー運転手のお陰で結構な時間になったしまったため、その日は帰宅して即ビールを飲み始めたのでした。

IMG_1948

*CNGの給油口はエンジンの脇にあります。タンクそのものは後部のガソリンと同じような場所にあるそうです。

IMG_1950

*給油量と料金の表示。5.9Kgほどで、235ルピーと見えますが、これでどのくらい走るのかはわかりません。

客を客とも思わないCNGタクシー」への2件のフィードバック

  1. Govindちゃんがお休みの時は、
    ご自身で運転されるのかと思ってました。
    オートでも給油は良くありますね。
    その昔・・・アムリトサル空港から乗ったプリペイドタクシーが、
    途中でガス欠になり、GSまで1Kmほど運転手が車を押して行きました。
    しかもお金を持っていなかったらしく・・・
    「マダム100Rs先に払ってください。」と言われました。(笑)

    1. サントーシーさん

      その日はGovindちゃんは(社員と機材を載せて)車ごと遠くに行ってしまったので、タクシーを使うしかありませんでした。
      あくまで会社の車ですので、仕事上優先度が高いときには車を使えないときもあります。
      ちょっと誤解を招く書き方でしたかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA