205,004ルピーのランチ

その日もいつものようにEkta Kitchen(エクタキッチン)というレストランに、ビリヤー二というインド風チャーハンを注文し、支払いはカードで済ませました。205ルピーのはずが、伝票をよく見ると何と205,004ルピーとなっているではないですか?                 ”なんだこれは!?” と言うと、そのランチデリバリーボーイは、なにが間違ったのかわからず困ったような顔をしているので、近くにいた社員に確かめてもらうと、代金205ルピーを入力したまま、私に暗証番号を押させてしまったようです。暗証番号は6桁で、205,00ルピー(最後の00はパイサと呼ばれるルピー以下の単位です。ドルとセントと同じ関係です)のあとに4で始まる私の暗証番号を入れてしまい、205.004ルピーとなったわけです。ところがランチデリバリーボーイは、カードの入力キャンセルの仕方を知らないため、店に電話して分かる人に来てもらうことになりました。

インドではカードで高額の買い物をすると、即銀行から確認の電話が来ます。”高額” とはいくら以上を言うのかわかりませんが、たぶん10万ルピー以上くらいでしょう。ありがたいようなうるさいようなシステムですが、その日はたまたま間違いであったので、ありがたいことです。  ”今205,004円の買い物をしましたか?” と言うので、”いやいやそれは間違いなので、キャンセルお願いします” と言って本件落着かと思いきや、そうは簡単にいかぬのがインドです。

10分ほどしてエクタキッチンから操作の分かる人が来てキャンセルをしてもらったのですが、支払いカードはデビットカードのため、既に205,004ルピー引き落としがされてしまいました。社員によるとキャンセルが実行されるのは24時間以上待ってからでないとされないだろうというので、翌日銀行口座を確認してみたのですが、未だ引き落とされたままです。翌々日も同様なので、いったいどうなっているのだ?とまずはエクタキッチンに聞いてみると、”キャンセルは間違いされているので、あとは銀行の問題です” との回答。       銀行も銀行です。間違った後すぐにキャンセルするように伝えたのに何もしていないのだろうか? で、銀行に確認してみると、”キャンセルには7日間必要です” との事。いったいあの電話での確認はなんだったのだ?多少時間がかかろうがちゃんとキャンセルが実行されればいいですけど、いやはやたったそれだけのことに7日間も必要とは。。。

205,004ルピーのランチ」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    私も3月末からインド(chandigarh)に赴任になり、このブログを楽しませてもらっています。
    現地の企業を買収して、第一陣として赴任し、また日本人も勤務地には1人だけなので、全てが手探りです。
    これからも記事を楽しみにしています。

    1. Kechaさん

      コメントありがとうございます。
      Chandigarhはいいところですね。私もそこに事務所の引越しを本気で考えましたが、ほとんどの従業員はデリー近郊で根を張っており、
      その計画は実行には移せませんでした。
      Chandigarhは計画的に設計された都市で、気候もデリーよりずっと良いし、空気もきれいです。お酒も安めです。(酒税が安い)
      うらやましいです。Chandigarhならすっといても良いくらいです。インド駐在記筆者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA