掃除人失踪

私の部屋の掃除人が突然いなくなってしまいました。毎週金曜日朝7:30に来てくれることになっているのですが、その日は無断欠勤。携帯は持っているのですが、言葉が通じないし、過去も何の連絡もなしに休むこともありましたので、”またか、しょーがねーなー” ぐらいに思いつつ、会社に行ってみると、窓口のアドミ担当者から ”彼女は一ヶ月ほど故郷に帰った” と告げられました。それならそうと、このアドミに連絡するとか、方法はあったはずなのに。 でもまあだからといって彼女がこれから一ヶ月間掃除をしてくらない事実は変わりません。このまま一ヶ月掃除しないで彼女の帰りを待つか?それともその間一回ぐらい自分で掃除をするか? 掃除というのは家事のなかでももっとも人気のない仕事だそうで、だからこそお金を払ってやってもらっているわけですが、もう何年もそんな習慣に慣れてしまうと、自分でやろうという気が起きてきません。自分でやるとなったら徹底的にやるんですけどね、それだからこそいっそうやる気にならないのか。とにかく一ヶ月間は待てないので ”もう誰でもいいから見つけてきてくれ” ということで、運転所のGovindちゃんが探してくれることになりました。

2日ほど後Govindちゃんから、”週末土曜日の8:00に掃除屋が来るから” と告げられました。”OK,OK、ありがとう” といって、週末8:00に待てども来ません。1時間待っても来ないのであきらめましたが、もうこのくらいでは驚きもしません。インドでは極ふつうのことです。翌週”掃除人、来なかったよ” というと” OK、では別の人を探しましょう” と言ってまもなく、”明日火曜日の7:30に来るから” とのこと。                           果たして、期待を裏切らず約束した時間に来ません。さすがに頭にきて文句をいうと、”掃除人は時間通りに来たのだけど、車がなかったので、アパートのガードから「不在だから帰れ」 といわれて追い返された” という話です。確かにその日は車がなかったのですが、私は部屋にいました。部屋まで来て確かめればいいのに!普段気の利かないガードのくせに、こんなときだけ勝手な想像をしてくれていい迷惑です。                 じゃ、”今日の午後Govindちゃん立会いで、その同じ掃除人にもう一度来てもらいましょう” ということになりました。Govindちゃんは私の部屋の合鍵を持っています。                                                   その日帰ってみると確かに砂っぽい部屋がきれいに掃除されておりました。シャワールームもちゃんと掃除してくれたようです。前の掃除人を比べてどちらがいいとも言えませんが、来週の金曜日にもう一度くるので、どちらでもいいほうを選んでくれ、とのことです。前の掃除人、一言告げてくれればクビになることもなかったろうに。もっとも私のアパートだけだったらわずかの収入でしょうが(1,200ルピー/月=1,800円ぐらい)、それでも彼女らの生活レベルからすると無視できない金額と思われます。インド人って案外お金には執着が無いのか?お金のことも去ることながら、この辺のいい加減さがどうも日本人には理解できないところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA