困ったハウスガード

私の住むアパートには昼夜交替で2人のガードマンがいます。朝の8時~夜8時までと、8時以降夜中を担当するガードです。                                            今朝アパートの一階に止めてある社有車で会社に行こうとすると、近くに住んでいると思われる40歳ぐらいの男性から”ちょっといいですか?” と話かけられました。”この車のオーナーはあなたですね?” ”まあ、そうですけど” ”今朝お宅のガードがこの車を運転して、私の息子たちを迎えに来たスクールバス(と言っても7人乗りぐらいのタクシーのようなもの)にぶつけたんですよ。幸いけが人もなく、車も少々傷ついただけで済みましたが、彼(ガード)は運転免許があるわけでもなし、(恐らく)勝手に車を運転したものと思われます。子供たちの安全のためにも、しかるべき指導と処置を取ってください” と言うのです。(駐車場には複数の車がきっちり止められるように車の鍵をガードに預けてあります。しかし出庫のために車を動かすのは基本的に住人のみです)そのガードは英語がまったく通じないので、”なぜ勝手に運転などしたのだ?!” と詰問したかったのですが、どうしようもありません。ガードは手を合わせているので、謝っているように見えますが、昼間その顔つきを改めて検分してみると、ひどいものでした。酷いというのは、まったく頭の中身が感じられず、教養どころか最低限の常識もない、どうしようもない人物に見えました。歳はまだ二十歳そこそこでしょうか。この年で全く英語がわからないというのは、まったく学校に行っていないに違いありません。

そこに運転手のGovindちゃんが到着。先ほどの40歳くらいの男性から事の次第をヒンズー語で再度説明してもらいました。一通り聞き終わると、Govindちゃんはガードを責めるでもなく、最後にヒンズー語で一言”&%$#%???”(”ちゃんとした処置をするから” と言ったと思われる)言っただけで、会社へ出発。                                   車中彼の言うには、”以前もあのガードは、勝手に車の中に入り込み、ラジオやエアコンを使っていたようだったので、きつく注意したのだけど。きっと夜、車のエアコンを入れて中で寝ていたかも。しかも彼はいつも寝ているだけで何もしないんですよ” 確かにそのくらいの事はやりかねない顔つきです。ラジオやエアコンを使ったなら、元の設定に戻しておけばバレない、などという知恵も沸かない程度なのです。それにつけてもGovindちゃんの英語の上達はなかなかのものです。

IMG_1388

*会社の車の前が空いていますが、そこにほかの住人の車が止められることが時々あります。その場合はガードから前の車の鍵を借りて移動させます。少々めんどういです。

会社に着くと、即刻アドミの担当から大家に連絡してもらってクビにしてもらうことにしました。かわいそうですが、盗人と同じですから当然です。ガードは一応会社組織に属しており、明日その会社の責任者が”現場検証”し、車の修理代などを負担してくれるとのことでした。ガードは、即刻くびになった上に、給与から修理代を差し引かれるだろうとのことですが、Govindによると彼の給与は8,000ルピー(約14,000円)ほど。軽い傷とは言え仮に一月分全額引かれてもとても賄いきれないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA