正直Govind

Govindとは私のお抱え運転手です。以前にも書いた、Chauffeurっていうやつです。彼は4年ほど前会社が設立されたころから運転手として働いているのですが、私が住居をデリーから1時間以上もかかるグルガオンに決めたことから、デリー在住のGovindにお願いするのは無理であろうと、運転手を変える予定でいました。たとえば私が家を7:30に出るとすれば、彼は自宅を6時過ぎに出なくてはならないのです。しかし、本人はこのままやりたいとの事。会社としては実績も十分にあるし、なんといっても彼は正直なので、得がたい運転手らしいです。正直でないとするとどんな運転手なのか?たとえば、勤務中に車のガソリンや軽油を抜き取って、街で売りさばくなんてごく普通のことだそうです。そういえば去年はメチルアルコールを使った密造酒を高級ウイスキーブランドの壜で売って、何人も死にました。その頃高級ブランドのウイスキーは絶対買ってはいけないといわれたものです。農薬に灯油を混ぜて、水増しならぬ”油増し”して売る犯罪が横行したり。そんなことをやっていったいいくら儲かるのだ!といいたくもなりますが、これがインドの現状なのです。

そこに行くとGovind氏、確かに信用できそうです。彼はみんなから親しみをこめて”ゴビンちゃん”と呼ばれています。以下の写真は再度登場ですが、ゴビンちゃんと社有車です。彼まだ20代だそうですが、もう家族もいます。待ち時間を利用して英語も勉強しており、最近進歩が目覚しいとか。そのうちにChauffeurよりも良い仕事を見つけられるかも知れません。ゴビンちゃんがんばれ!

IMG_0351

さて、お抱え運転手付き、なんて聞くとさぞかし結構なご身分、と思われるかも知れませんが、実際は不自由なものです。運転手がいなかったらどこえも行けないし、どこに行くにも正確に時間を決めないといけません。どこに行くにも2人セットです。気が向いたらふらっと、というわけには行きません。自分で運転した方がどんなにか楽か。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA