引越し

24日(Good Friday)は引越しの日です。5年ほど前シドニーから帰国、11ヶ月後日本からシンガポール、シンガポール内でも引越し、シンガポールからニューデリー、そして今回インド内で引越しと、5年間で5回目の引越しになります。そのほとんどは単身ですので、大した事はないといえばないですが、インドでの引越しはまた一味も二味も違います。

11時には電気屋が新しいアパートに来ることになっていましたので、引越し業者(地元)には7;30に来てもらう約束をしていました。ところが例によって、8時を過ぎても来ませんので、Ravi Kumarという地元の引越し屋に電話してみると、おおよその英語は通じて ”遅くとも8時30分には着くから”。結局到着したのは9時近くでしたが、3人で来たのに、責任者のRivi Kumarと運転手はどこかに行ってしまい、引越し作業するのはなぜか1人だけ。”他の2人はなぜ手伝わないのだ?” と聞いても全く通じません。なんとなく言っていることはわかるらしく、”一人、ひとり” というのみです。こんな時間のないときに、なにやってだ!とは思ってもどうしようもありません。恐らく役割分担が厳密に決まっているのでしょう。あなたは荷造りする人、あなたはトラックの運転のみする人、と言ったように。こんな調子ですので到底11時に新しいアパートに行くのは不可能ですので、休日でもたまたま仕事に出ていた運転手のGovindちゃんに現地に入ってもらって電気屋の受け入れをお願いしました。

IMG_1152R

*インドらしい引越し用小型トラック

IMG_1155

*3人で来たのに、作業は彼一人でした。

IMG_1157

*ちゃんとクッションで包んだりと意外に丁寧です。

IMG_1158

*白い服の人が運転専門の人。Ravi Kumarはどこに行った?

お昼をはさんでいますので、新しいアパートに荷物が着いたのは午後の2時ごろでした。ちょうど同じ時間に電気屋も到着したところ。こちらも3時間の遅刻。狭い階段とエレベーターで引越し屋と電気屋の同時搬入です。日本でいう3階ですが、彼らはなぜかエレベーターを使いません。重い冷蔵庫でも階段から引きずりあげます。守衛からエレベーターは人間用なので使うな、といわれているのでしょうか。引越し作業の方も、本などかなり重いと思われますが、階段から運んでいます。

電気屋が搬入を終え、帰ろうとするので”冷蔵庫や洗濯機は設置までしてくれないのか?” と尋ねると、”設置の人は別途3時過ぎに来るから” 安楽椅子購入時にも経験がある完全なワークシェアーと理解し待つことに。でも5時過ぎまで待ちましたが、結局設置要員は来ません。その日は休日でもあり5時を過ぎていましたので、運転手のGovindを帰して、自分で運転してグルガオンのアパートに帰ることに。                           しばらく運転していると携帯に電話がありました。家具屋からです。”今から納品に行きたいのだけど” ”えっ! おとといそちらから電話もらって、土曜日(26日)になるって言われたばかりだぞ。もうアパートを出ちゃったし、今日はダメ” などと話していたら、前方左に警察が”脇に止まれ” 手招きしているではありませんか。どうも運転しながら携帯で話していたのを見られたようです。                                                   まずは取得したばかりの免許書提示を見せると、”1,000ルピーの罰金と3ヶ月の免停だけど” ”そ、それは困る。罰金はともかく免停は勘弁してくれ” と言うと、、”仕事はなにをしている?” と聞くので、日系会社のMD(社長)と答えるといっぱい取られそうだったので、”会社員(Company employee)”と答えると、”どこの国からだ?”というので、日本と答えると、しばらく警察官3人でなにやら話したあと”2,000ルピー出してくれたら免停を無しにしてもいいが、同意するか?” 内心その方がずっとありがたいと思いつつ、”他に選択肢がなさそうだ” としぶしぶ答えると、またなにやら相談して、”じゃ、1,100ルピーで免停も無しにしてやるよ。デリーポリスは話が分かるだろう?” などと、こちらにとっては話がわかるどころか分けの分からない展開。ところが領収書まで出してくれましたので、きっとこれが正規の罰則なのでしょう。あー助かった。彼らも日本人(外国人)にはやましいところは見せたくない、という先日のビザ延長手続きの際の警官のように、インド国民としてのプライドのようなものがあったのかも知れません。                                                 スケジュールはメチャクチャだし、最後は警察に捕まって罰金を払われ、Good Fridayは散々な日でありました。でも、荷物が搬入できて、電機屋が来ただけでも大きな前進です。

IMG_1160

*罰金の領収書です。1,100ルピー也。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA