月別アーカイブ: 2019年2月

クリケット体験 その2

さていよいよ生まれて初めての、そして最後になるであろうクリケット体験です。      ラッキーなことに事務所からすぐのところに公共の運動場があって、クリケットだけでなく、テニスコートプールや卓球場、ヨガ道場なども。クリケット場を借りるのに、一人1,200ルピー(1,900円ぐらい)は、インドにしてはちょっと高い感じがします。クリケットは裕福な人が楽しむスポーツなのかも知れません。

*ヨガクラスの案内と右がクリケット場の入り口。

最初のイニングは攻撃側(打者=バッツマン)で、3番打者を指名されました。しかし、野球とは違い3番、4番が好打者というわけではありません。アウトにならなければ一人で何点でも得点できるのです。理論上は無制限に。打ったらバットを持ったまま15Mほど走らねばならず、それが続くと結構疲れます。片道走ると1点、往復で2点得点となります。                                                      ピッチャー(ボウラー)は、チームのなかから6人がそれぞれ6球ずつ投げます。(もちろんいろんなバリエーションがあります)野球のように投げる専門がいるわけではありません。独特なフォームで、一般的にはワンバウンドで投げて、打者の後ろにある”ウィケット”と呼ばれる3本柱に当てて、上に載っている”スタンプ”という木片を落とすことで打者をアウトにできます。打者はボールがウィケットに当たらないように、打ち返すわけです。

*試合開始直前。天気に恵まれ、皆さんやる気十分です。

*このバッツマンが大変上手で、確か一人で50点以上稼いだと思います。

*クリケット専用の得点記録用紙。誰が何点取ったかが、そして合計得点が一目でわかるようになっています。

早速”クリケット体験その1”に読者から感想が寄せられました。                     ”ルールは分かったけど、何が面白いのか分からない” と。うーん、確かにそれも分かるような気がします。クリケットの場合は前後左右どちらに打ってもいいので、バットに当たりさえすればいくらでも得点できそうな気もします。しかもバットは丸い棒じゃなくて、平べったい板のようなものですので、当てるだけならそう難しいものでもありません。でもそんな風に感じるのは”草” クリケットだからでしょう、たぶん。                                             それにしても、この日は改めて自分の歳を感じました。ちょっと走っただけで疲れる、ボールが取れない、投げられない・・・自分の頭のなかではキャッチできるはずだと命令しているのですが、なぜか手にも触らずすり抜けていってしまいます。動体視力が落ちるというのはこういうことなのだろうか。投げても、30mぐらいしか投げれません。”こんなはずではない!” と思っても、頭のなかと体は大きく乖離しているようで、情けないことこの上なし。よってピッチャー(ボウラー)なんてとてもとても。                                              そうなると、やはりいまいち楽しめません。 2イニングのみやって私は引き上げましたが、ランチの後、多くのメンバーは3イニング目を楽しんでいました。やっぱ、みんな若いしな。 私には、”そんなに面白いか??”と思えても、彼らはクリケットの楽しみ方も違うのでしょう。考えてみれば、ゴルフだってテニスだって、最初からそれほど面白いと思えたわけではなかったですから、何事もそこそこやってみて面白さが分かってくるのでありましょう。

 

 

 

クリケット体験 その1

インドで最も人気があるスポーツといえばクリケットです。日本ではまったく人気がありませんが、一説には世界で最も競技人口が多いのはクリケットだとか。 インドとパキスタン、バングラデッシュがあるからです。バングラデッシュも人口1億を超え、その3国合計すると16億人近くにもなります。                                          私もこれまでの赴任地(オーストラリア、シンガポール、インド)はすべて英国連邦。よってどこもクリケットは1-2を争う人気スポーツで身近だったのですが、ルールもわからず、口で教えてもらっても理解できずで、ほとんど関心を払ってきませんでした。多くの日本人はそんなもんだと思います。

およそ20年ほど前、仕事でバングラデッシュに出張した際、まず現地代理店を訪れたのですが、その日はクリケットの試合の日だったようで、代理店の社長は、                            ”仕事なんかしている場合じゃないよ、XXさん。一緒にクリケットを応援しようぜ” と言ってTVの前から動こうとしません。                                         おいおい、わざわざ東京から来たんだぜ。それは無いだろう!                                                 ”こんな面白いものないよ。仕事はあとあと” 。バングラデッシュの相手はどこだったか覚えていませんが、とても大事な試合だったのでしょう。郷に入ったら郷に従え、とも言うしクリケットに関心はないけど、のんびり行くか・・・そのころはWiFiなどという便利なものは無く、ダイアルアップと言って、”ピコ、ピコ、ピコ、ジージージー、ピーー”とか鳴って、やっとEmailに繋がるような環境でしたが、それなりに仕事も出来たのでまあいいですが、クリケットは彼らにとってそれほど熱狂させるものなのです。

インドに赴任して4年が過ぎようとしていますが、クリケットの話題になることも多いものの、私はまったくついていけません。                                      ”野球に似ているように見えるけど、点数の見方もルールが分からないし。昔オーストラリアにいるときも、教えてもらったけど、聞いてもよくわかんなかったよ” なんて言っていると、                ”じゃ、一度実際にプレーしてみるのが一番ですよ。今度計画しましょう”  そんな話になったのは1年も前ですが、なかなか実現する機会がなく、ほとんど忘れかけていたところ、       ”来週クリケットグラウンドを予約しましたから、やりましょう。一人1,200ルピーです。道具は用意しますので、運動できる服装で来てください”                         ”ほー、そうですか。それはありがと。じゃ、事前に勉強しておかないとね”              今はGoogle先生がなんでも教えてくれますし、実際自分でプレーするとなると読み方がまったく違ってきます。確かに野球にはちょっと似ているけど、だいぶ違うことが分かってきました。だけどそれほど難しいものでもなさそうです。デリー事務所のスタッフと運転手のGovindなどを入れて総勢20人を2組に分けてのクリケットマッチです。(正式には1組11人なのですが、バリエーションで何人でも楽しめるらしいです)・・・ 続く。

オクラのぬか漬け

ぬか漬けは、最初の作品こそイマイチでしたが、その後2-3週間もすると発酵が進み、ぬか漬けらしい、期待した味わいになってきています。大根、ニンジン、ナス、キュウリなどほとんど毎日のように楽しんでいるのですが、漬物の定番ともいえるナス、キュウリは、素材そのものが日本のものと違うせいか、残念ながら同じような味わいにはなりません。でもインドですから、多少の違いは許容範囲としましょう。                                                      そんなこの頃、ぬかずけのきっかけを作ってくれた”師匠”に再会する機会があったのですが、彼の言うには” オクラをぬか漬けしたらいけますよ” との情報。             オクラはインドではとてもポピュラーな野菜で、会社の従業員もしょっちゅう”オクラのカレー炒め” みないなものをお弁当に持って来ています。私はインドの野菜は農薬が怖いので、なるべく皮を剥いて食べるようにしているので、オクラはピーマンなんかと同様、皮を剥くわけにもいかず、これまで買ったことはありませんでした。                     ”でもぬか漬けに良いなら、この際試してみようか?きっとよく洗えば大丈夫。すくなくとも漬ける前と後で2回は洗うのだし”

味は、なんとなく想像した通りでした。日本では刻んで、しょうゆと鰹節などとまぶし、納豆のように食べたりしましたが、そのしょうゆ味を”ぬか漬けの味” にして、生臭さを少なくしたもの、という感じです。12時間ほど漬けたオクラよりも24時間ほど漬けた方が、生臭さがほぼ取れて、私にとっては好みでありました。

*オクラとにんじんのぬか漬け。にんじんはずいぶんと赤く見えるかと思いますが、ぬか漬けしたためにこうなったのではなくて、もともとの種類が違います。インドには2種類のにんじんがあって、日本風の黄色のものとこの赤みがかったものです。どちらも間違いなくにんじんなのですが、インドではこの赤い方が一般的で ”キャロットケーキ”などお菓子に使うことも多いようです。

前回”ぬか漬けに挑戦” をアップしたところ、同じ会社のブラジル駐在員から ”私もぬか漬け作ってますよ。ぬか床はもう4年物です” というメッセージをいただきました。その彼も単身赴任のおやじですが、思いがけずぬか漬けの大先輩だったとは!さらに思いがけない材料や楽しみ方があるのかも知れません。2週間後に会うことになっていますので、ぬか漬け談義が楽しみです。