月別アーカイブ: 2018年3月

インドでものを無くしたとき

知人の日本人女性でヒンズー語を習っている人がいます。                   ある日彼女は過去の”成績表”を無くしたことに気づき、学校に再発行をお願いしました。 無くしたといっても、自宅のどこに仕舞ったのか分からなくなっただけで、外で紛失したとかではなかったのですが、学校側の対応は日本では思いもよらないものでした。             まず警察に届けること。自宅で無くした(見つからない)のだから警察沙汰にしなくても、とは思いますが、百歩譲って、分からなくもない要求ではあります。                   もうひとつの条件は、新聞に紛失したという記事を載せてもらうこと。えっ!!        これは日本人にはとうてい思いつかないと思います。”私は成績表を無くしました。どなたか見つけた方は教えてください” といった記事を出すわけです。その掲載料は大手の新聞でも500ルピー(800円ぐらい)ほどとか。その2つの手続きをした証明をして、それでも出てこなければ成績表の再発行をしてくれるとか。

この話を会社で聞いてみたところ、”それは正しいプロセスです。私もPCを列車のなかで無くした(盗まれた)ことがありますが、同じことをしました” とのこと。                 ”でも彼女は成績表だし、家のなかで無くしたのは間違いない、と言っているのですよ”             ”いや、仮にそうであってもメイドや掃除人が部屋に入って盗むこともありえますので”     ”そんなもの盗んで何になるんですか?”                              ”売るんですよ。あるいは後で新聞に出た公告を見て、名乗り出て多少なりとも報酬ももらうとか”   ”はああ、そうですか。。。”                                     ”新聞広告も大手の新聞だったら500ルピーぐらいかもしれないけど、ローカルな新聞なら50ルピーぐらいで載せられますよ”                                      ”じゃ、新聞にはしょっちゅうそういう記事が載っているということになりますね”       ”はい、そのとおりです”

Lost & Foundという欄にあるそうなので、家に帰って早速探してみました。

IMG_2134R

*求人欄などと同じページに”Lost & Found” がありました。なんと上記の女性と同じように成績証明書を無くしたという話が2件載っています。PC無くしたとかiPhone無くしたというならいっぱいありそうですが、Lost & Foundにはこれだけです。これは成績表再発行が必要な人がとても多いということでしょうか。(iPhoneやPCだったら載せる価値がない?・・・どうせ出てこないので)

ヒマラヤを見に行くーその2

Guptaさんの別荘はまさに大邸宅で、23部屋もあるというのもうなずけます。しかし少々古うございました。まあ、古いのはいいのですが、はっきり言って手入れが行き届いておらず、クオリティーに関してはちょっとがっかりというのが正直なところ。でもインドの基準ではこんなもんでしょうか。汚いということでもないのですが、いかにも普段まったく使われて居ないといった感じで、専属の管理人は居るにもかかわらず、客もあまり来ないせいか、手入れするにも気持ちが入らないのかも知れません。ここで食事を作ったりすることも考えていたのですが、キッチンを見せてもらって、その気が失せました。確かになべ釜なんでもあるのですが、何ヶ月も使っていない、というか散乱しているような状態で、使う気にならず。よって、となりのホテルで食事と相成りました。(ところがアルコールを扱っておらず、たいへんがっかり)

IMG_2082

*部屋の中。大変広く、天井も高く、建てた当時はさぞ豪華なものだったでしょう。ただ古いため、お湯は出るのですが、シャワーがなく、バケツに汲んで体を洗うというインドの伝統的な手法をとらざるを得ませんでした。

廊下や大部屋には多くのGupta家の写真が貼ってあり、その中には前首相のマンモハン・シン氏や国民会議(今は野党)のソニア・ガンジーさんなどと一緒に撮られた写真などもあり、Gupta氏の地位(金持ち度?)が伺われました。

翌日はいよいよヒマラヤ山脈の麓に。車で1時間ほど走ったところに展望台(山の上)があり、途中の車道から1時間ほどの山登りとなりました。といっても下の写真のように普通の服装と靴で問題なし。ガイドはデーラドンの町で私の会社関係の仕事をしてくれているSahilさんという青年が付いてくれました。Sahilさんは実に好人物で良いガイドでありました。

IMG_2086R

*写真では分かりにくいですが、遠方にヒマラヤ山脈が見えます。遠くではありますが、肉眼で見るとさすがに迫力があります。山の向こう側は中国、左側はパキスタンと国境を争っているカシミール地方、右側はネパールです。この日は多少雲がありましたが、朝方はきれいに見えて、とてもラッキーでした。

IMG_2093R

*頂上までの道端に、残念なことにペットボトルがすててあります。もちろん街にくらべたらはるかにましなのですが、こんなところでも平気でポイ捨てを見るのは誠に残念です。もっともエベレスト周辺でもごみが大量に捨てられているらしいですが。

IMG_2097R

*山頂ににあるヒンズー寺院。砂地などがあるにもかかわらす裸足で歩けとの指示。

この別荘には2泊したのみですが、帰るときには管理人と思われるおっさんがでてきて、無言で紙を差し出して来ました。見ると、”3日分の掃除代、900ルピー(1,500円ほど)” とあります。さほどの金額ではないのですが、”掃除代を取るならもうちょっとちゃんと仕事をしろよな” と心の中で言って、デリーへ帰途についた次第です。

ヒマラヤを見に行くーその1

3月上旬家内と娘とそのお友達が訪ねてきてくれました。家族は2回目ですが、娘のお友達は初めてかと思いきや、すでにケララとかムンバイに行ったことがあるそうな。彼女も父親の仕事の関係でシンガポールに居たことがあり、そこから家族旅行でインドに行ったそうです。それも10年も前のことでしょうから、現在のインドとはずいぶん違います。でもそんな昔のインドを知っていてくれると、こちらも多少気が楽です。なにせ、そのころのインドは今に比べたらずいぶん違いますし、食あたりしそうなものはある程度わかっているでしょうから。

インド観光といえば、定番はタージマハールといったところですが、今回はデリーから300Kmほど北にいったデーラドン(Dehhradun)というウッタラカンド州(Uttarakhand)の州都からさらに先のマッソーリー(Mussoorie)という町まで行ってヒマラヤ山脈を見に行くプランを立ててみました。                                                      そもそもなぜそんな計画が浮かんだかというと、半年ほど前に会社事務所のオーナー(Guptaさん)とゴルフをしているとき、”Mussoorieに別荘があるので、良かったら使って良いよ。部屋数も23部屋もあるので大人数で行くといいよ”とのお話。それは単なる別荘というより、大邸宅ではないか? その場では”そうですか、では今度家族が来るときでもあったらお願いします” などど半ば社交辞令的に答えていたのですが、半年後に本当に来ることになったので、思い切って使わせてもらうこととしたわけです。行ったこともないところにいきなり”お客” を連れて行くのは普通は無しですが、今回はお客でもないし、まあ大きな問題もないであろうとGupta氏を信用して決定。                                                    片道車で6時間以上もかかるところですので、朝6:00ごろ出て、途中朝食、ランチなども食べて、マッソーリーに到着したのは午後3時ごろ。ランチを食べ終わって、Govindちゃんに車を廻してもらおうと電話すると、”ここから歩いていけますよ” とのこと。お昼に少々ビールを飲んでいたので、山道を歩くのはちょっとかったるかったですが、素直にGovindちゃんに続いて、10分強も山道を登ったでしょうか。途中インドとしてはおしゃれな建物が左右に見え始め、我々が泊まる別荘とはこれか?あれか?と期待は膨らみます。ほぼ山というか丘を登りきったところで、Govindちゃんが左に曲がったのを目で追うと、同時に白い邸宅が目にはいりました。 これか、、、

IMG_2069

*お昼を食べたInperial Squareというレストラン。この写真は翌日早朝に撮ったので窓が閉まっていますが、窓からはデーラドンの街が一望でき、内装は軽井沢風のとても良い雰囲気の店でした。

IMG_2080RIMG_2078

*坂道を登って行くと右や左におしゃれな建物が見えてきて、期待が高まります。左の写真はGuptaさんの別荘のすぐ下にあるホテルです。

IMG_2065R

*これがGuptaさんの別荘です。まさに大邸宅ではあります。小山の天辺に立地しており、見晴らし等は抜群でした。