月別アーカイブ: 2017年1月

実はガンジーは人気が無かった

インド建国の父、マハトマ・ガンジー。公共機関などに行くと必ずといっていいほど真ん中にガンジーの写真、ちょっと位置を下げて右側に現在のModi首相、左側にMukherjee(ムカジー)大統領の写真が飾られています。                       旧紙幣にも、新紙幣のデザインにもすべての金額には(2000、500、100、50、20、10)ガンジーさんの顔が描かれており、まるでほかに著名な人は居ないのか?と思いたくなるほどです。                           実際には、ガンジーとは別路線で独立のために戦ったChandra Bose(チャンドラボーズ)も英雄として尊敬されているし、文化人ではアジア人で最初にノーベル物理学賞を取ったRaman(ラーマン)教授や、ノーベル文学賞をとったTagore(タゴール)、あるいはインド生まれではないですがマザー・テレサなど著名な人たちはいっぱい居るのですが、ガンジーばかりが目立つ存在です。

Portrait_Gandhi

壁にかけられているガンジーの写真を見ながら、”この国ではガンジーは神様の如くですね” と言うと、なんと意外にも” インド人の多くの人はガンジーを評価していないばかりか、嫌いですよ” と言うではありませんか。”えっ!?なにそれ?” と言うと、”ガンジーが居なければ、もっと早く独立を勝ち取っていただろうし、パキスタンの分離やそれに伴う流血は避けられたに違いない” というわけです。この評価は、いわゆる”たら・れば” の域を出ないと思いますが、実際国民の8割ぐらいは彼を評価していないそうです。特に東部から北部にかけてはその傾向が顕著であるとのこと。これは意外でした。ガンジーさんは偉大には違いないが、晩年にはやはりワンマンで、かなりの判断ミスをした、というのも多くの人の評価であるようです。中国の毛沢東も建国の父として神様のようにあがめられていますが、実際には人気が無くて、周恩来などのほうがずっと慕われていた、という話と良く似ています。ただし、中国でもそうかどうかは知りませんが、インドでは公式の場、特に国の機関で働く人などは公にはガンジーの批判は出来ないというか、しないのですが、”居酒屋”などでのプライベートな席ではガンジーへの批判は普通のことだそうです。聞いてみないと分からないものです。

 

I.N.A.マーケット

去年の秋ごろふと柿が食べたくなって、地元民に”柿売ってるところ知らない?” と聞くと、皆柿になじみが無いようで、”何それ?” みたいな感じだったのですが、今はスマホという便利なものがあり、即実物の写真を見せてみました。でもみんな食べたことは無いようで、”きっとI.N.A.マーケットに行けばあるんじゃないかな?” というアドバイスでした。                   I.N.A.マーケットとは事務所に割りと近くて、外国人を含め比較的裕福層が住んでいいる地区にあり、”なんでもあるマーケット” として認識されているようです。遠くはないといっても、道路はいつも渋滞しているし、柿を買うためだけに行くのは面倒い、と思っていたある日たまたまグルガオンのスーパーで柿を見つけたので、しばらくI.N.Aマーケットのことは忘れていました。

正月過ぎに日本からお客さんが来て、インド観光の定番タージマハールでもヒンズー寺院でもなく、”インドのマーケットを見てみたい” というリクエストがあったため、しばらく忘れていたI.N.A.マーケットを思い出しました。幸いGovindちゃんがよく知っていました。    ”マーケットが見たい”というコンセプトは理解できます。観光地よりも、庶民の生活を知りたい、ということで、マーケットは一番良いところかも知れません。インドで庶民とはどのような人たちを指すのかは疑問ではありますが。                                      噂のとおり肉、魚、野菜、果物、日用品なんでもありそうです。特に鶏肉や羊肉(実際には山羊)の売り場はリアルです。その場で殺して、売っているのですから。冬だからよかったもの、夏場であれば肉類の臭いで耐えられなかったかも知れません。

IMG_1647R

*鶏肉ショップには、生きている鶏も控えています。

IMG_1652

*羊肉(山羊肉)ショップ。ここには写っていませんが、山羊の頭が並べて売られていました。食べるんだろうか?さすがに生きている羊はいなかったように思います。

IMG_1648R

*売っている魚の種類は先日行ったフィッシュマーケットとほぼ同じに見えました。うなぎもあり、蒲焼を食べたい、と思ったものの、作れるわけではないのであきらめ。そもそも捌けません。

 

IMG_1649R

*日曜雑貨屋の前で売られている海老。近くにカニも売っていて、味噌汁に入れたらうまいだろうと思われましたが、料理が面倒なのでパス。1Kgで500ルピーとか。(3匹で800円ほどでしょうか)

たまたま、お客さんが沖縄出身であったため、売っている”ゴーヤ(苦瓜)” をみて、”ゴーヤチャンプル” の作り方を教えてもらいました。作り方はとても簡単で、豆腐に焦げ目を付けるぐらいに炒めて、ゴーヤと豚肉と混ぜるだけなのですが、塩と胡椒のみの味付けはさっぱりとしていて、ビールのおつまみには最高です。私の少ない料理レパートリーが一つ増えて助かりました。

IMG_1655

*豚肉は無かったので、ベーコンで代用。ゴーヤの代わりに白菜やもやしでもいいそうです。

 

古紙回収

インドでは新聞紙などは回収業者が有料で引き取ってくれる、ということを以前書きました。またビール瓶なども有料で引き取ってくれるということも学習したので、たまった新聞紙とともに整理することにしました。                                           前回初めて新聞紙を回収してもらったときには、家のガードが多少英語を解したので、私の意を汲んで回収業者を呼んできてくれましたが、今のガードはまったく分からないようなので、運転手のGovindちゃんの助けを請うと、Govindは朝早いにもかかわらず、すぐに回収業者を見つけて、アパートに連れてきてくれました。                                             私がまとめた新聞紙と缶ビールの入っていたダンボールの空き箱とビール瓶を示すと、Govindちゃんの通訳により、新聞紙は10Kgで10ルピー(17円ほど)、ダンボールは5箱ほどあったのですが全部で10ルピー。そしてビール瓶は一本1ルピーだそうです。       ”はい、いくらでも結構です。持って行ってくれさえすれば” とは独り言。                     その業者は早速新聞紙を白い袋に入れて重さを量ります。                  ”14Kgです”(金額にして140ルピー) と言ったそうです。                     何キロでもいいのですが、Govindちゃんは物言いをつけます。”いや、ちゃんと測ったらもっとあるはず” と言って自分で量ってみると20Kgだそうです。どうも足を使ってごまかしていたようです。やはりインド!Govindちゃんにしてみればこんなやり取りは普通のことのようで、決して引き下がりません。                                      後でGovindちゃんに聞いたところによると、その業者はGovindちゃんに”20ルピーコミッションあげるから、14Kgで認めてくれよ” と持ちかけたそうです。そこは正直Govind、決してそんな誘いには乗りません。結局20Kgを認めさせて、全部で220ルピー払ってしぶしぶ持っていきました。140ルピーでもよかったのだけれど、Govindちゃんの努力は認めないわけにはいかないので、ありがたく頂戴しました。

話はちょっと変わりますが、政府の呼びかけで、”リヤカーの野菜商や果物商、あるいはこういった回収業者はもともと貧しいので、もし払えるお金を持っているなら値切ることは控えるように” というお達しがあるのです。                                でも、だまされるのも納得がいきません。以前農薬に石油を混ぜて売る悪徳業者がいる、という話をしましたが、Govindちゃんによると、”LPガスを定期的に買っているけど、時々水を混ぜて売る業者がいるので気をつけないといけないんですよ” という話をしてくれました。LPガスも重さで価格が決まりますので、まさに水増しするわけです。              いやはや、あきれるというか、感心するというか、ご苦労なことです。一元の客を扱うタクシーが料金をごまかすのとちがって、LPガス商売はそんなことをすることで客を失うことになることに思い至らないはずはないと思うのですが、理解に苦しみます。

img_1641

*中は新聞紙です。右足を使って実際より軽く表示させていたようです。右はGovindちゃん。

新春打ち初め

去年の正月は日本からお客さんが来ていたので、ややあわただしい年末年始でしたが、今年は静かに一人で新年を迎えました。インドでも元旦は休みなのですが、今年は日曜日と重なり、振り替え休日もないのでほぼ普段と変わりません。月曜日の2日から仕事です。 街も特にお祝いといった様子はなく、日本のような”年末年始” の雰囲気はまったく感じられません。

多くの日本人は年末年始には一時帰国するのですが、私のような人も少なからずおり、今年はそんな残留日本人とゴルフで新年をスタートすることにしました。             場所はグルガオンにあるDLFゴルフコースという、知る人ぞ知る超難コースです。このコースは初めての私に、幹事さんから ”ボールは少なくとも10個は持ってきてください” とのアドバイス。なんでもある女子プロゴルファーがプレーしたとき、あまりのスコアーのため、公式記録に残るのを避けるために途中で棄権したとか。                                                    まだ真っ暗な時間に待ち合わせ場所のプロショップに着くと、そこはインドのゴルフ場とはとても思えない店構えでした。その後クラブハウスに移動して、”新春の朝礼” をしたのですが、そのクラブハウスもこれまで見たこともないような豪華さです。グルガオンの街は去年の3月までに住んでいたところ。しかもアパートはすぐ隣です。そんな近くにこんな別世界とも言える豪華なゴルフクラブがあったとは。。。もちろんインド人の会員もたくさんいます。会員権もデリー近辺では破格の金額とか。廻りには道端で生活している人もごろごろしているわけで、インドの格差を改めて垣間見た気がしました。

img_1644r

*プロショップの入り口。クラブハウスはもっと豪華で、六つ星ホテルのようでした。帰るころ(お昼ごろ)には懐かしいカーペンターズの歌が流れるなかで、インドのお金持ちがランチを楽しんでいるのが見えました。

img_1642r

*池越えが多く、プレッシャーがかかります。

さて肝心のゴルフですが、フェアーウェーは狭く、長く、また最初の2時間ぐらいはデリー名物の霧で先がよく見えないので、余計遠くに感じるし、超高速グリーンは巨大なポテトチップスを3-4枚繋げたようにうねっています。パットでさえもカップを50cmもはずすと、グリーンから転がり出て10m近くも落ちてしまう、といった有様です。こんなのは初めてです。ということで成績は散々でしたが、ゴルフ場全体はさすがによく整備されていて、こちらもインドのゴルフ場とはとても思えず。日本のゴルフ場よりきれいなくらいです。                                                     終了後は近くのレストランで新年会。なぜかステーキレストラン。もっとも水牛の肉ですが、硬めではあるものの、味は牛肉とほとんど変わりません。しかもしょうゆ味が注文できます。正月といえば日本酒ですが、それは叶わずインドビールで乾杯!

a72603fc29204d5cfb905f690e017339r

2922199_5c3sid4havpzqqxjzopisrbggdy4nms5ss39mgkodwq

*久しぶりのステーキ。そういえば10月に日本に帰ったときも牛肉など食べなかった気がします。

忘年会

インドでは”忘年会”などというものはありませんが、クリスマスや新年を祝うパーティーはあります。私の働く事務所でも12月28日にささやかながらクリスマスパーティー兼忘年会兼新年会をやることにしました。                                             場所は近くのショッピングモールのなかのアミューズメントパークみたいな施設です。そこにはボーリング場やバッティングセンターのクリケット版、擬似ジェットコースター体験装置などなどがあり、日本でいうとファミリーランドと言ったところでしょうか。その中にパブのようなレストランのようなものがあり、まずゲームなどを楽しんでから、パブで食事というわけです。

img_1612

*ジェットコースターの疑似体験。試してみましたが、実によくできていて、終わったあとは気持ち悪くなるくらいでした(乗り物酔い)。

img_1614

*クリケットのバッティングセンター。

img_1615

*ボーリング場。2つのレーンを借り切ったのですが、なぜかみんな裸足で、順番に関係なく投げていました(得点は関係なし)。これもインドらしいところか。

レストランはいつもお酒を出すわけではなくて、予約者が希望したときにはライセンスを取得してお酒を扱うというシステムのようです。その日はSamsung社の若者たちと我が事務所のみの貸切り。少々飲んで、食べたあとは例によってダンスです。このレストランの音楽は異常な大音響で、耳を近づけても話ができないくらいです。 インド人は騒音にとても無頓着に思います。 私はうるさいところがとても嫌いなのですが、こんな日にわがままを言ってもいられず、仕方ないので、ひたすらちびちびとビールを飲み続け、適当な時間に失礼。ほかのみんなは若いし、夜遅くまで楽しんでいたようです。 それにしてもSumsungのスタッフは皆若かったですね。でも韓国人が一人も見えなかったのはなぜ?

img_1636

*Govindちゃん(黒のジャンパー)がとても上手なのには意外でした。

img_1629

*タバコを吸う人はほとんどいなかったですが、大音響にはちょっとま参りました。