新聞記事より

ほぼ定番となった感がありますが、今日も新聞記事から興味深いものをかいつまんで紹介いたします。

1.多くのインド人の居住スペースは牢獄より狭い。

IMG_1886

農村部に住む80%の住民一人当たりの居住スペースはおよそ94平方フィート(約9平方メートル)しかなく、牢獄の96平方フィートより狭いというショッキングな記事です。もっとも牢獄は”推奨される面積”とありますので、実際には96ないところも多いでしょう。しかし9平米といえば3mX3mほどしかないわけで、トイレは無いにしても、キッチンなど共有の場所を入れての話ですから、ほとんど寝るだけのスペース、という感じだと思います。東京の平均的なサラリーマンの家が30坪(99平方メートル)で4人家族とすると、一人のスペースは24.75平方メートルになりますので、日本の家は狭いとは言えまだまだましです。

2.百万長者が出てゆく国とその受け入れ国ベスト5

IMG_1892R

お金持ち(百万長者)が自分の国を捨てて出てゆく人が多い国ベスト5と、その移住先ベスト5を示しています。                                           お金持ちが出てゆく国ベスト5は1.フランス:12,000人 2.中国:9,000人 3.ブラジル:8,000人 5.インド・トルコ:各6,000人。 受け入れ先は1.オーストラリア:11,000人、2.USA:10,000人、3.カナダ:8000人、4.UAE:5,000人、5.ニュージーランド:4,000人となっています。移住の主な理由は1.教育のため 2. 安全確保 3.医療 4.気候 5.衛生面の順になっています。意外なのはフランスを捨てる金持ちが12,000人とトップとなっていることですが、税金などが理由なのでしょうか。国を出る理由のうち、フランスならどれも問題ないように思われますが。

3.公共トイレが物置や住居に

IMG_1887R

またまたトイレの話で恐縮ですが、公共トイレが勝手に占拠され倉庫や豚の住み家、はたまたインド人の家族が住んでしまっているという話です。上の写真は6つの事例が載っていますが、左上から右へ順番に1.入り口が占拠されロックアウトされている 2.野菜倉庫に使われている 3.ヒンズー教のお祈りの場所になっている 4.ある家族に占拠されている 5.豚の住みかとなっている 6.駐車場として使われている。                    この前の投稿でも書きましたが、狭くて暗い”トイレ” などは使うものではない、という人が多いためでしょうか、驚くべきことにそれを咎める人もいないようです。行政もなにもしないのでしょうか。インドの交通事情はメチャクチャなのですが、そんな公共性の無さを考えるとこんなこともあり得るかも知れません。さすがはインド。

インド製ホンダ車

かつてはスズキ(マルチ)が8割ぐらいを占めたと思われるインドの車市場ですが、最近は韓国のHyundaiなども多くなり、日本のトヨタやホンダなども徐々にシェアーを上げています。日産はたまに見ることはありますが、マツダはまず見かけません。たぶん日産は現地生産しておらず、マツダは積極的に販売していないのでしょう。もっともMAZDAと書かれたインド製の車はよく見ます。それはゾロアスター教の最高神がMAZDAという名前で、たしかインドのTATA社だったと思いますが、ある車種にMAZDAという車名を使っています。(日本のマツダも創業者の松田さんの名前とこのゾロアスター教の神MAZDAをもじって車名にしているようです。ちなみに以前も書いたことがありますが、ゾロアスター教は近親相姦や婚姻を推奨しているという日本人の常識では考えられない教義を掲げております)                                       こうしていろんなメーカーが増えてくると、その分スズキ・マルチのシェアーは下がることになりますが、市場全体が急拡大しておりますので、スズキにとっても問題ないことでしょう。

先日2台目の社有車としてホンダのBR-Vという車を購入しました。1500ccのコンパクトワゴンというか小型SUVといった感じのものですが、エンジンなども含めて100%インド製ということです。そうは言っても設計そのものは日本のモデルを元としているに違いないのですが、この車種と同じものが日本で走っていることはないでしょう。なぜなら、どう見てもインド仕様に変更していると思われるからです。                                                  外見もインド用に変えている感じもしますが、運転席に座ってみるとそのダッシュボードというか計器類のシンプルさが印象的です。こんな高級感のない計器類ではいま時の日本では売れないでありましょう。ダッシュボードそのものも一部が汚れているような感じで艶が一様ではありません。この辺はインド人なら気にしないでしょうが、日本人ならすぐにクレームされる、というか品質保証が通らないと思われます。ちなみにお値段は税込みで100万ルピーほどです。(約160万円)やはりかなり安めですね。

IMG_1906R

*たぶんこのモデルは日本にはないでしょうが、基本設計はCityとかCivicなんかだと思われます。

IMG_1900

*左からタコメーター、速度計、燃料計です。燃料計などはタコメーターを流用したように見えます。でもまあシンプルで結構。

IMG_1901

でもエアコンはオートだし、ラジオ、CDプレーヤー(もう古い?)なども付いていますので、実用上はまったく問題ありません。マニュアルで6速もあって面倒なのですが、インドではいっぱいギアがあったほうが受けるようです。

タスマニアサーモン

今年の夏休みは思い切ってシドニーに行って参りました。日本から3人の友人と現地で合流し、ゴルフ三昧の夏休みでした。シドニーは冬ですが、日中は20度前後まで上がるので、ゴルフには絶好のお日和。連日晴天、空気もきれい、ゴルフ場は近くて安いしまさにゴルフ天国です。お世話になった”シドニーB&B”という日本人経営の宿は、知り合いということで、B&B(Bed & Breakfast)にもかかわらず特別夕食まで付けていただきました。節子さん(女主人)ありがとう。またその豪華さときたら日本の一流旅館も適わないようなすばらしい料理で、まさに夢のような一週間でありました。

勝手知ったるシドニーですので(以前駐在してました)、事前の計画も簡単です。あそこに行って何を買い、食べ、なにを持って帰るかなど。その中のひとつがタスマニアサーモンを買って帰ることでした。昔シドニーのフィッシュマーケットで買ったタスマニアサーモンを一塩して一晩おき、焼いた塩鮭の旨さは格別で忘れられません。                  デリーは海から遠く、魚がとても手に入りにくいです。家の近くのフィッシュマーケットは、ナマズとか鯉とかが多く、アジやサンマがあるわけでもありません。冬には鮭も売ってますが、以前も書いた通りそのクオリティーの低さにはがっかりさせられます。                                                    インドは真夏ですが、塩シャケにして持ち帰れば1-2日常温でも大丈夫であろう。それはある意味実験でもありました。(これまで生魚を日本から持ちかえったことはありませ)B&Bの女主人にも手伝ってもらって大型のシャケの切り身4個に適当に塩をして、しっかり空気を抜いてラップし、タッパーに詰め込んで持ち帰ってきました。                                                  帰国したその翌朝は、早速鮭の塩焼き定食です。お米は日本のコシヒカリで、これ以上の朝食がありましょうか。結果は期待通り。全体に振りかけた塩が、按配よく内部までしみわたり、ちょうど良い塩加減です。塩抜きする必要もありませんでした。さすがシドニーB&Bの料理上手な節子さん。

IMG_1899

*これは切り身の1/2ほどです。写真ではおいしそうに見えないかもしれませんが、食器がイマイチで私に盛り付けのセンスがないだけです。                                         果たして実験は大成功。いまさらですが、これで日本からも生の魚を持って帰れることが証明されました。アジの干物なども全く問題ないでしょう。ちょっと大げさですが、食生活におけるデリーでの最大の欠点(魚が手に入りにくいこと)は克服されたと言っても過言ではありません。

ゴキブリ退治

インドにももちろんゴキブリはおります。しかし、新築というかリノベーションしてすぐのアパートだったせいか、家で見たことはありませんでした。屋外で見ることもまずありません。ところが1年半ほど経った今頃になってゴキブリらしきものがキッチンや洗面所に出没し始めました。                                                 ”ゴキブリらしきもの” というのは日本のそれとは若干ちがい、かなり小型で(せいぜい1cmくらい)、動きがスローで捕まえようと思えば簡単に捕まえられます。最初はゴキブリではなくて別の種類かもと思い、さほど気にしないでおりました。ところが日が経つに連れて頻繁に見るようになったので、何とせねばとまずは殺虫スプレーを買いました。以前蚊取り用のHitというスプレーを紹介しましたが、今度は蚊だけではなく、ハエとかゴキブリらしき絵が描いてあるやや強力と思われるJohnson & Johnson製の殺虫スプレーです。                ところが、家を出る前に十分散布しておくのですが、ゴキブリを見かける頻度は変わりません。動きが鈍いので、ゴキブリめがけて直接スプレーしてみたのですが、それでも平気で逃げてゆきます。インドの風邪薬などはとても強力で良く効くのですが、Johnson & Johnson製のせいか弱いみたいです。ゴキブリが強すぎるのか?はたまたこれはゴキブリではないのか?

IMG_1904

そうこうしているうちに日本に一時帰国する機会があり、たまたま家にあったキンチョウの”ゴキブリキャッチャー”という”ゴキブリほいほい”を持って帰り、早々試してみました。 が、2日たっても3日経っても一匹も捕まりません。床において置いたためいつのまにか掃除のおばさんにごみと間違われて捨てられてしまいました。インドのゴキブリは日本のゴキブリとは好みが違うのか、はたまたやはり彼らはゴキブリではないのか?

IMG_1905R

事務所のランチタイムに(ランチが終わってから)事情を話してみると、”それはゴキブリに間違いない” とのご意見。完全に退治するには家全体をくんじょう処理(なぜか正しい漢字が出てきません。バルサンでおなじみのいぶし出すことです)するしかない、といいます。そのためには一泊ホテルで泊まる必要があるとか。くんじょう処理した後空気を入れ替えている間1日住めないそうです。”それはまた面倒だな。日本に一時帰国でもしているときにでもやってもらえばいいかな”。 ”そうですね、Govindちゃんに翌日空気の入れ替えに来てもらえればいいでしょう”                                           ふとあるスタッフが”多くの場合流しのパイプから侵入するんだよな” 。それを耳にして、”なるほどそうか。だからキッチンと洗面所に出没しているのだ。食べるものもないのに” 。                                           そこで思いついたのが、パイプクリーナーの使用。日本ではパイプマンとかの商品名で売っているあれです。アパートは1年以上使っているので、配水管も汚れているに違いないし、これを使えば少なくともパイプの中に潜んでいるゴキブリを撲滅できるに違いない。と思うものの、インドにも売っているだろうか?あればラッキーぐらいな気持ちでスーパーに行ってみると、あるある、日本と全く同じようにたくさん並んでいます。

IMG_1903                      早速キッチンと洗面所に散布。水と汚れに反応して煙も出てきます。絶えられない匂い。でもこれぐらいでゴキブリが退治できて、パイプもきれいになるなら、と期待しながらしばらく様子見です。結果はいかに。。。

青空トイレ

これまで何度かインドのトイレ事情を書いてきましたが、公共のトイレが何十万と新設されたとは言え、まだまだ足りないし、そもそもそれ以前の問題として、トイレで用を足すという習慣が定着していません。用は外でするものであって、そのほうがずっと気持ちが良いではないか。そもそもあんな狭くて暗い空間でする気がしない、という人たちがインド全体ではまだ多数派なのです。たしかにそう言われてみるとそれも一理あるような気がしますが。

事務所の窓の外は駐車場になっていますが、その隣は低いコンクリートの壁を隔てて草地になっております。7月に雨季(モンスーン)が始まると、それまでほとんど砂地であったところに瞬く間に青々と雑草が茂るようになりました。今や雑草は人間の背丈ほどにもなっています。野放しの牛が数頭その雑草を食べにきて、そのあたりでのんびり寝ころんでいることもよくあります。また草陰で小用をする人は数知れず、ときには3人も4人も一緒にしていることも珍しくありません。                                       今日またふと窓の外を見てみると、”大”をしている人を発見しました。お尻をこちらに向けてしゃがみ、見たくもないと思いつつもつい目が行ってしまいます。遠いし、草むらなので、細かいところは見えなかったものの、ちょうど終了したときのようで、左手で”出口” あたりを拭いているように見えました。もちろん水道などありませんから、その不浄の左手は葉っぱなどでぬぐって済ませているに違いありません。そのままよろよろと立ち上がって、ズボンを上げながらゆっくりゆっくり歩き出しました。さて、どこに行くんだろうと眺めていると、塀を越えてこちらに向かってきます。  (ちなみに、事務所の窓ガラスはマジックミラーのようになっていて、こちら側からは見えても、昼間外から中はほとんど見えません)自分の車のところに行くのか、と思いきや100Mほど離れた駐車場の端で清涼飲料水やスナックなどを売っている売店に行くではないですか。その店の店主かどうかはわかりませんが、そこで働いているひとだったのです。私は以前そこでペプシを買ったことがあります。そこではたこ焼きのようなスナックも売っています。左手も使って焼いているのだろうか。知らぬが仏とはいうものの、なんなんだこの衛生観念のなさは!知ってしまった以上金輪際そんな屋台のものを買うのはやめよう。

IMG_1890

*赤い丸印のあたりが大の現場。赤線はその後の足取り。

IMG_1891

*売店とは上の青いビニールの屋根の店のことです。灰色のシャツを着た人物がその当人(赤い矢印)。このときはもう雨が降り始めていたかもしれません。                                写真は暗い感じに見えるかと思いますが、この後激しい夕立が来て、草むらに残した”堆肥”は雨とともにめでたく地中に染み込んだことでしょう。

 

Shirucafe

先日IIT-Hyderabadのある先生を訪問したときのこと、11時前に打ち合わせが終わり、”次のアポまで時間があるなら3階に”シルカフェ”という喫茶店があるのでそこでお茶していけばいいですよ、とアドバイスしてくれました。(インドのランチは13時以降なので午後1時まではOK)                                                    その先生は大阪大学に留学していたことがあり、ある程度日本ができます。でも“シルカフェ” はすこし発音が間違ってるに違いないと再度聞き返しましたが、やはり”シルカフェ”に聞こえます。そこは日本人で運営されていて飲み物がただだとか。”シルカフェ” の本当の名前とは何だろうなどと考えながらその場所に行ってみると確かにありました。  本当に”Shirucafe”です。

IMG_1884

IMG_1885R

店の中には若い日本人と思われる女性が2名も働いています。ちょっと大げさですが、砂漠のなかでオアシスを探し当てたみたいです。私はやや戸惑いながらも”こんにちは” と挨拶してみると、”いらっしゃいませ” と言うではないですか。当たり前ですけど。           IIT-Hyderabadの学生、職員には飲み物は無料ということでしたが、私も当然の如くりんごジュースをいただき、一緒にいた会社の同僚3名もチャイなどをサービスしてもらい、それだけでは申し訳ないと思ったのか、同僚の一人はビスケットの包みを2つほど買ったのですが、それもたったの10ルピー(16円ぐらい)。スーパーなどで買う値段と変わりません。                                そこで働いている一人に聞いてみると、ShirucafeのShiruは”知る” のことで、動詞というより名詞の知識という意味の方が強いとか。                             写真からはわかりにくいですが、店の中にはモニターがあって、日本のIT関連の会社(楽天や村田製作所、Cookpadなど)のスポンサーで運営されており、利益を出す必要はないそうです。スポンサー側にとっては、会社の宣伝ができて、インド人のリクルートができればOKとの話でした。彼女らはインターンで、3ヶ月ほどの契約で来ているそうです。恐らく渡航費やホテル代は日本の会社が出してくれ、Shirucafeの仕事に対してはほとんど無給なのでしょう。近くのテーブルを見れば男子学生も一人いて、彼が一応責任者を務めていました。インドですから若い女性だけでは危ないですね。                                    これからはIIT-Hyderabadだけでなく、IIT-Delhiやバンガロールなどにも出店を計画しているそうです。きっとどこでも評判になるに違いありません。インドでは女性が飲食店でウェイトレスとして働くことはまずありませんので、日本人の女子学生がカフェで働いている、しかも只で飲み物を出してくれるのですから。たぶんそういった状況、この女子学生たちは知らないだろうな。

新聞記事より

1.以前も国勢調査について書いたことがありましたが、それから約2年後のインドの様子です。  タイトルは、”インドの人口がもし100人だったなら” として、携帯や車を持っている人は何人いるか?ということですが、要は%のことです。

IMG_1836

前回の国勢調査でも携帯の所有率は68%とほかのアイテムと比べて飛びぬけて高率でしたが、今回は93%が携帯もしくは固定電話を所有しているとのデータです。しかし去年の11月8日の高額紙幣廃止から(ブラックマネーが使えなくなり)銀行口座が相当増えたはずにもかかわらず、まだ59%の人しか銀行口座を持っていないそうです。49%が食事の煮炊きは薪をつかい、車を持っているのはまだたったの5%です。

2.運転免許証、10人のうち6人までは偽造もしくは違法のもの。

2.IMG_1849R3

これもインド人の間では周知の事実だったのですが、地元の人に言わせると、”新聞で6割というなら、実際には8割さ” とのコメント。どの国でも運転免許証は身分証明書代わりになりますが、インドではそうは行きません。

3.チョコレートミルクは茶色の牛から取れる?

IMG_1798

この記事は国際面からですので、日本でも報道されたかも知れません。           アメリカ人の7%(1,640万人)がチョコレートミルクは茶色の牛から”直接” 取れると信じていたという話です。牛も黒や茶色あるいはぶち(色の混じっているもの)とかありますが、なんともこっけいな話です。じゃ、黒人の血は黒いとでも思っているかも。

世界一雨の多い地域は?

日本の北九州では集中豪雨で多くの犠牲者が出たようですが、24時間で500mmの降雨とは驚いてしまいます。実際どんなものかは想像もつきませんが、筆舌に尽くせないような降り方なんでしょう。

さて、世界で一番雨が降る地域はどこか?というと、意外にもそこはインドのメガラヤ州というところです。メガラヤ州は、バングラデッシュの北側に位置し、東側には日本人ならよく知っているインパール(マニプール州)、北側にはアッサム州を挟んで、幸せの国ブータンがあります。年間降雨量は11,871mmで、ギネスにも載っているそうです。 月に換算すると1,000mm近く。今回の北九州の集中豪雨は一ヶ月分の雨が一日で降ったということですが、その2倍ほどです。しかも雨季(5-7月)があり、その時期は外には出られないほど降るそうです。こちらも想像を絶します。                                             インドの多くの地域では、旱魃により農民が何千人も自殺に追い込まれたり、”徳政令”(農民の借金を棒引きする)を本気で議論しているところがたくさんあるのですが、インドは広大です。砂漠のようなところもあれば、こんなところもあります。年中30度35度を越すところもあれば、スキー場があるところもあります。

先日そのメガラヤ州の隣、アッサム州の州都Guwahati(グワハティ)という町を訪問する機会がありました。そこでのお客さんの話によると、”メガラヤはすごくきれいなところなのでぜひ一度行ってみるといいよ” と勧められたのですが、そのお客さんによると二番目に雨の多い地域は日本だそうです。(実際Google先生に聞いてみると、1位2位ともメガラヤ州のある町で、3位がコロンビアとなっておりました)日本は地域とは言えませんが、日本全国ほぼ満遍なく雨がよく降りますので、一地域としてみたならそうなのかも知れません。     でも過ぎたるは及ばざるが如し。地球温暖化、異常気象と関係あるのかどうか筆者にはよくわかりませんが、もうちょっと平等に降ってくれても良いように思います。でも石油をはじめとして地下資源なんかも実に不平等に偏在しているのも事実です。世の中は不公平であります。

IMG_1822R

*グワハティの町を流れるインド最長の川ジャムナ川。中国から発しインドを経て、バングラデシュでガンジス川と合流しベンガル湾に注ぎます。日本にこんな大きな川はないとおもいますが、雨季のせいでもあり流れは結構急でした。

IMG_1824R

*川のなかの取水口で水浴びをしている子供。フルチンです(一糸まとわず)。近くで父親と思われる人が監督してました。この取水口(小屋)の番人でしょう。

205,004ルピーのランチ

その日もいつものようにEkta Kitchen(エクタキッチン)というレストランに、ビリヤー二というインド風チャーハンを注文し、支払いはカードで済ませました。205ルピーのはずが、伝票をよく見ると何と205,004ルピーとなっているではないですか?                 ”なんだこれは!?” と言うと、そのランチデリバリーボーイは、なにが間違ったのかわからず困ったような顔をしているので、近くにいた社員に確かめてもらうと、代金205ルピーを入力したまま、私に暗証番号を押させてしまったようです。暗証番号は6桁で、205,00ルピー(最後の00はパイサと呼ばれるルピー以下の単位です。ドルとセントと同じ関係です)のあとに4で始まる私の暗証番号を入れてしまい、205.004ルピーとなったわけです。ところがランチデリバリーボーイは、カードの入力キャンセルの仕方を知らないため、店に電話して分かる人に来てもらうことになりました。

インドではカードで高額の買い物をすると、即銀行から確認の電話が来ます。”高額” とはいくら以上を言うのかわかりませんが、たぶん10万ルピー以上くらいでしょう。ありがたいようなうるさいようなシステムですが、その日はたまたま間違いであったので、ありがたいことです。  ”今205,004円の買い物をしましたか?” と言うので、”いやいやそれは間違いなので、キャンセルお願いします” と言って本件落着かと思いきや、そうは簡単にいかぬのがインドです。

10分ほどしてエクタキッチンから操作の分かる人が来てキャンセルをしてもらったのですが、支払いカードはデビットカードのため、既に205,004ルピー引き落としがされてしまいました。社員によるとキャンセルが実行されるのは24時間以上待ってからでないとされないだろうというので、翌日銀行口座を確認してみたのですが、未だ引き落とされたままです。翌々日も同様なので、いったいどうなっているのだ?とまずはエクタキッチンに聞いてみると、”キャンセルは間違いされているので、あとは銀行の問題です” との回答。       銀行も銀行です。間違った後すぐにキャンセルするように伝えたのに何もしていないのだろうか? で、銀行に確認してみると、”キャンセルには7日間必要です” との事。いったいあの電話での確認はなんだったのだ?多少時間がかかろうがちゃんとキャンセルが実行されればいいですけど、いやはやたったそれだけのことに7日間も必要とは。。。

新聞記事より

1.中国の一人当たりのGDPはインドの今や2.4倍。

IMG_1778

最近なにかと中国と比べることの多いインドですが、1990年にはインドの方が中国よりリッチだったのに、今は2.4倍もの差をつけられてしまった。なぜだ?というわけです。

2.USAでの給与はインドの28倍。

IMG_1785

こちらも似たような内容ですが、各国の給与と、仮にその国の人がUSAで働いた場合の給与と比べて何倍か?というところが面白いです。インド、日本、オーストラリア、中国、パキスタン、イギリスなどです。インドはなんと27.9倍の違い。中国では4.4倍。日本人はUSAで働いた場合、1.33倍ほど多く稼げるというデータになっています。

3.インドのメトロでのスリは74%が女性。

IMG_1795

この1年で521人のスリが捕まったそうですが、74%が女性だったということです。彼女らはなるべく混雑する乗換駅などで、グループで行動し、子供などを抱え回りの人を安心させてお仕事をしているようです。

4.インドの15才の少女、メイドの仕事をしながら共通テストで74%の成績を取得。IMG_1796R

彼女の名前はManishaさん。母親も一緒にメイドをしているのですが、両親の稼ぎはRs. 5,000-/月ほど(約8,000円)。しかも4人も子供がいて、食べるのがやっとで学校にはとてもやれないそうです。Manishaさんは朝から晩まで働きながら、ちょっとした時間を見つけては勉強し、10年生(15歳)の共通テストで74%の成績を取得。メイドの雇い主にも薦められ高等学校に行くことにしたそうです。ちなみに会社のスタッフによると、この共通テスト35%が落第のボーダーラインで、平均点は50-60%ぐらいということですから、74%の成績というのはかなりのものです。しかも学校に行かないのに。インド版おしんといったところでしょうか。上の写真はぼやっとしてますが、たしかにお利口そうな顔立ちです。